中公新書ラクレ
読売新聞朝刊一面コラム「編集手帳」〈第9集〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 269p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121502049
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C1295

出版社内容情報

05年7月~12月の竹内筆のすべてを一冊に。「小泉劇場」で大揺れとなった政治の姿、子どもたちの悲しい事件……達意の筆が捉えた時代の貌

内容説明

「小泉劇場」で大揺れとなった政治の姿、広島・栃木・京都で続いた子供たちの悲しい事件、人生を変えた本あれこれ。コラムニストは達意の筆で時代の姿を捉えます。05年7月~12月ぶん収録。

目次

7月(汚れた「つる」;嫌な蟹 ほか)
8月(似た字、ふたつ;美食の国から ほか)
9月(今日かも知れない;「予言者」海野十三 ほか)
10月(木の葉法;海の男か ほか)
11月(小泉「太陽王」の人事;心臓に異状あり ほか)
12月(道に迷っていないか;汚れた手 ほか)

著者等紹介

竹内政明[タケウチマサアキ]
読売新聞論説委員。1955年、神奈川県生まれ。79年、北海道大学文学部哲学科、宗教学専攻卒業後、読売新聞に入社。長野支局を経て、東京本社・経済部で財政、金融などを担当。98年に論説委員会に移り、2001年7月から朝刊1面コラム「編集手帳」を担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

122
昔の記事だが読みやすいコラムだなと思った。2015/06/28

KAZOO

9
2005年の下期に書かれたものです。時たま政治や経済のことも書かれますが、読書やその季節に関連のある随筆が中心で読んでいてもあまりいらいらすることもなく安心して読むことができます。筆者は本当によく古典などを読んでいると感心します。2014/05/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/59029
  • ご注意事項