中公新書<br> 地球外生命―アストロバイオロジーで探る生命の起源と未来

個数:
電子版価格
¥990
  • 電書あり

中公新書
地球外生命―アストロバイオロジーで探る生命の起源と未来

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年04月21日 14時16分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 274p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121026767
  • NDC分類 460
  • Cコード C1244

出版社内容情報

生命はどうやって生まれたか。本書は、宇宙生命を研究するアストロバイオロジーから、この大きな謎に挑む。現在、タンパク質などが生成する過程と生物誕生の間にミッシングリンクが存在するが、宇宙で作られた有機物が空隙を埋めるという見方が有力だ。宇宙が命のふるさとならば、地球外の惑星にも多数存在すると考えられる。化学進化のプロセスと、最新の惑星探査での知見をもとに、生命の起源と地球外生命に迫る。

内容説明

生命はどう生まれたか。アミノ酸などが生成する過程と生物誕生の間に何があったか、いまだ明らかではない。しかし、現在その空白は、宇宙で作られた有機物が埋めるという見方が有力だ。宇宙が命のふるさとならば、地球外の惑星にも多数存在すると考えた方が自然だろう。本書は、進化のプロセスと、最新の惑星探査での知見をもとに、アストロバイオロジー(宇宙生物学)から、生命の起源と地球外生命に迫る。

目次

第1章 地球外生命観―古代ギリシャから今日まで
第2章 生命の誕生は必然か偶然か
第3章 知的生命への進化―地球をモデルケースとして
第4章 火星生命探査
第5章 ウォーターワールドの生命
第6章 タイタン 生命概念の試金石
第7章 太陽系を超えて
第8章 生物の惑星間移動と惑星保護
第9章 地球外生命から考える人類のルーツと未来

著者等紹介

小林憲正[コバヤシケンセイ]
1954年、愛知県生まれ。82年東京大学大学院理学系研究科化学専攻博士課程修了。理学博士。米国メリーランド大学化学進化研究所研究員、横浜国立大学工学部助教授、同大学大学院工学研究院機能の創生部門教授などを歴任。現在、横浜国立大学名誉教授。専門は分析化学とアストロバイオロジー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アキ

113
生命とは何か?生物は単一の細胞から生まれたことがわかっている。その起源はタンパク質と核酸(DNAまたはRNA)である説が有力。生命はどこから来たのか?2022年はやぶさ2の小惑星リュウグウの試料から20種類のアミノ酸が検出された。つまりタンパク質は宇宙の隕石由来であることが濃厚になってきた。2036年ドラゴンフライ計画で更に期待が高まります。アストロバイオロジーは近年の研究分野。今後の知見にワクワクする。生命はどこへ行くのか?いつか地球も水の痕跡があったと、他の生命体から調査される惑星になるのでしょうか。2022/09/10

Sam

53
ときどき宇宙本を衝動的に買ってしまう。本書もまさにそれで、内容は「アストロバイオロジー」。「生命の起源は地球上か地球外か」、「地球外に生命は存在するのか?」といったテーマを扱う。「そもそも生命とは何か?」から説き起こし、アリストテレス以降の学説の変遷を辿る。そして現在に至ると太陽系の惑星・衛星における生命探査の旅へ。終章ではいよいよ太陽系を飛び出しETI(地球外知性体)の存在について「ドレイク方程式」に則りながら検討を進めていく。最先端の科学でありながらも壮大でロマン溢れるテーマ。とても面白かった。2022/01/28

みこ

35
実にワクワクするタイトルでありながらその期待をさらに上回る良書である。火星などの惑星ばかりでなくエウロパなど木星の衛星にも生命の存在の可能性を探る。物理化学生物地学と理科の知識をフル動員しつつもSF魂を忘れない著者に頭が下がる。本書を読む限りでは地球外に生命が存在することの厳しさを感じるが、それでも宇宙人の存在にロマンを感じてしまう。2022/02/25

おせきはん

31
火星や木星の衛星エウロパなどにおける生命の存在の可能性を丁寧に説明しています。いずれ地球以外で同じような生命が発見されるかもしれませんし、全く異なる生命が現れるかもしれませんが、最近、リュウグウで回収されたサンプルからアミノ酸と水が見つかったこともあり、さらに関心が高まりました。2022/09/25

おーすが

23
地球以外の星には生物が存在するのか、という問いを持って巡る宇宙探査の歴史。なんとなく知っていても、そのワクワクするような視点から学び直してみたとき、宇宙計画や探査機が新たな輝きをはなつ。ルナ、オポチュニティ、キュリオシティ、ボイジャー、あかつき。プロキシマケンタウリの新たな惑星が見つかったというニュースをちょうど、タイムリーに聞き、2060年まで生きてライトセイルの活躍ぶりを楽しめたらなぁと思った。2022/02/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19035136
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。