中公新書<br> 倫理学入門―アリストテレスから生殖技術、AIまで

個数:
電子版価格 ¥968
  • 電書あり

中公新書
倫理学入門―アリストテレスから生殖技術、AIまで

  • ウェブストアに59冊在庫がございます。(2022年05月17日 00時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 278p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121025982
  • NDC分類 150
  • Cコード C1212

出版社内容情報

「人は助け合うべきだ」と説かれて否定する人はいないだろう。しかし、なぜ助けるべきか、どこまですべきか、と問われたら返答に窮すかもしれない。倫理学は、一般に「善い」とされる価値について、立ち止まり吟味する学問である。本書は、その主要理論を紹介。さらに、医療、人工知能など最先端技術がはらむ問題や、戦争、移民、環境破壊などの課題をとおして、思索を深める。理論を説き、生き方を問う倫理学入門。

内容説明

善と正の違いは何か。権利と義務の関係とは―。倫理学の基礎からはじめて、法、政治、経済、宗教と倫理を関連づけながらその意義を再考する。アリストテレスやカントらによる5つの主要理論を平易に概説。さらに、グローバル経済、戦争、移民、安楽死、環境破壊、人工知能など現代社会の直面する難題について倫理学の観点から考察する。社会契約論や功利主義にかんする10の図解と26名の思想家のコラム付き。

目次

第1章 倫理とは何か。倫理学とはどういう学問か。
第2章 代表的な倫理理論
第3章 ひととひと
第4章 ひととその体
第5章 ひととひとではないもの
第6章 倫理的な観点はどこからくるのか

著者等紹介

品川哲彦[シナガワテツヒコ]
1957年神奈川県生まれ。1987年、京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。広島大学総合科学部助教授などを経て、関西大学文学部教授。哲学・倫理学専攻。京都大学博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アナクマ

34
5章1節−環境倫理。環境と自然の区別(中心の有無)。なぜ、生き物や無生物にすらも倫理的に配慮すべきなのか(そういった問いが生じるのか)。→ その苦しみに対する責任。丸ごと維持の責務。ヒトにとっての徳。…責任とはなんなのだろう、不思議だ。◉本書が「大学の教養教育」水準なのかはわからないけれど、倫理というややこしい概念の複数の枠組みを、まるっと押さえるにはいいかも知れない。「倫理・法・政治・経済は絡み合っている」ということで、本書からその一角を切り崩してみたい。→2020/11/19

サケ太

20
倫理学とは、何か。高校の授業で倫理を受けたが、どちらかといえば歴史的な哲学者や彼らの言葉を覚える授業だったように思う。なので、今回の書籍はある意味で本当の倫理学、哲学やその考えを生かすその先を見れたように思う。法、政治、経済、宗教、そして医療、その先の未来についても守られるべき倫理について語られる。かつての、そして現代の思想家(哲学者)たちについても大まかに知ることが出来たのは収穫。倫理は、時代に応じて変化してきた。疑問として、国によっても倫理観、もしくは思想というものは差が生じるのではないかと思った。2020/09/01

ネムル

14
前半の倫理学の諸概念については、社会契約論→義務論→功利主義→共感理論→徳倫理学の配列がわかりやすく、要所要所の語の難しさを除けば内容を掴みやすい。ハンス・ヨナスと未来倫理学についての言及も面白い。ただし、後半の応用倫理学については、倫理学の諸概念からの応答があまり噛み合っていないように感じた。2021/04/25

ケー

13
前半が倫理学理論の概観。後半が個別具体的なテーマを論じる形。まさに入門。倫理学者の小さな紹介もあるのでとっつきやすくて読みやすい。大学生にもおすすめ。2021/06/19

venturingbeyond

11
とにかく盛りだくさんな倫理学入門書。「倫理」の定義。代表的な倫理学理論の概説、社会科学の規範理論としての倫理学、生命倫理、環境倫理、工学倫理、倫理的審級と倫理的思考・判断の淵源についての考察、と扱ってあるテーマを眺めただけで、一つひとつで新書1冊に値する。規範理論に目端が利く人には俯瞰図を再確認する一冊であるが、果たして初学者に適切な入門書となっているかと言われれば、少々疑問も...。巻末の参考文献リストも、もう少し充実したものにしてもらえれば、ありがたかったかな。2020/12/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16111553

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。