中公新書<br> 戦国武将の叡智―人事・教養・リーダーシップ

個数:
電子版価格 ¥902
  • 電書あり

中公新書
戦国武将の叡智―人事・教養・リーダーシップ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年04月13日 10時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 229p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121025937
  • NDC分類 210.47
  • Cコード C1221

出版社内容情報

群雄割拠の戦国時代に活躍した名武将から「乱世を勝ち抜く秘訣」を学ぶ。リーダーシップ、人材活用、教養など、ヒント満載の全二五篇。

内容説明

群雄割拠の戦国時代、数多の武将が激しい合戦を繰り広げながら、独自の領国経営を行っていた。下剋上・弱肉強食・合従連衡による淘汰が進む実力主義のなかで、リーダーたる武将たちは何を考え、どう行動したのか。部下の諌言を重視した武田信玄、「戦わずして勝つ」を極めた豊臣秀吉、歴史書に学んだ徳川家康など、名将たちの“乱世を生き抜く叡智”とは。現代にも生かせる教養、人材活用術、リーダーシップの本質を凝縮。

目次

第1部 戦国武将のリーダーシップ(「七分勝ち」を説いた信玄の真意;刀狩りから元和偃武へ;「名を惜しむ」という武士の美学 ほか)
第2部 戦国大名の人材活用術(かつての敵将をどう遇すべきか;諌言が生かされる組織づくり;武辺咄に学ぶ若手の育て方 ほか)
第3部 戦国日本の文化と教養(ものまね文化で発展した戦国日本;おみくじを合戦に活用した島津義久;戦国時代の教養と遊び方 ほか)

著者等紹介

小和田哲男[オワダテツオ]
1944年(昭和19年)、静岡県に生まれる。早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。静岡大学教育学部教授を経て、同大学名誉教授。専攻は日本中世史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。