中公新書<br> 謎の漢字―由来と変遷を調べてみれば

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり

中公新書
謎の漢字―由来と変遷を調べてみれば

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2022年05月19日 15時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 226p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121024305
  • NDC分類 821.2
  • Cコード C1281

出版社内容情報

娚、鯲、蟶、妛のようなレアな文字をスマホで打つことができるのはなぜか?不思議な地名を追跡。歌舞伎や科挙をめぐる漢字の謎も。

内容説明

スマホやパソコンでは、嬲、娚、娵、啌、鯲、蟶、妛といった不思議な文字を打つことができる。しかし、いったいどう読むのか、何に使うのか―。これらの漢字の由来を徹底調査。また、江戸時代の五代目市川團十郎が先代「海老蔵」を憚って自分はザコエビだから「鰕蔵」と称したという説を検証する。さらに「止めるかはねるか」等、テストの採点基準を科挙にさかのぼって大探索。漢字の不思議をめぐる楽しいエッセイ。

目次

第1部 日本の地名・人名と謎のJIS漢字(「嫐」がJIS漢字に入った理由;「めおと」は仲良く「娚」と一字に;山田耕「筰」の秘密 ほか)
第2部 海老蔵は鰕蔵か(歌舞伎界の「エビ」の漢字の変転と背景;「海老」蔵の誕生;「海老蔵」から「鰕蔵」へ ほか)
第3部 科挙と字体の謎(「令」―「誤字」とは何か;「粁」―漢字にとって「本来」とは何か;「高」―漢字と政治 ほか)

著者等紹介

笹原宏之[ササハラヒロユキ]
1965年、東京都生まれ。1988年、早稲田大学第一文学部(中国文学専修)卒業。1993年、早稲田大学大学院文学研究科日本文学(国語学)専攻博士後期課程単位取得退学。博士(文学)。国立国語研究所主任研究官等を経て、早稲田大学社会科学総合学術院教授。三省堂『新明解国語辞典』編集委員、文部科学省文化庁文化審議会国語分科会漢字小委員会元委員。2007年、第35回金田一京助博士記念賞、2017年、第11回立命館白川静記念東洋文字文化賞優秀賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

てつ

55
仕事柄漢字は常に悩みの種。変換できなかったり適切な漢字がわからなかったり。そんな成り立ちを丁寧に説明してくれている。良書。地名と絡めると自分の興味にぴったり。再読ありかも。2017/07/01

へくとぱすかる

46
三部構成の第1部は、笹原先生の著書ではすっかりおなじみの、地名をめぐっての国字の未紹介のエピソード。これが最もよかった。第3部は、中国の科挙の実態について。文章の内容でなく、字の正しさ・美しさにこだわって、国に必要な人材を逸していった清朝の歴史は、まさに教訓。日本の学校で漢字の細部にこだわっての指導・採点が今もなされていることに、危惧を覚えてしまう。2017/05/03

かごむし

27
漢字を専門にする学者が、ちょっと気になったことを調べてまとめてみました、というような本。この、ちょっと、の中にものすごい時間と情熱と労力が注ぎ込まれていて、調査結果だけでなく、調査のための思考や方法についても丁寧に記述されており、このテーマに興味があまりない読者にも、読み応えのあるものになっている。ふとした時に疑問に思ったこと、興味を持ったことを、調べてみなよ、研究してみなよ、それはとても楽しいことだから、と著者に呼びかけられているかのようだ。もちろん漢字の持つ歴史と文化の豊かさも感じ取れるよい本だった。2018/03/30

魚京童!

13
JISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJIS この人〄のまわしもんだよ。ひっとらえー!って感じ。2017/11/02

アメヲトコ

11
漢字に関する3つのお話。第一部はJIS漢字の採録基準と小地名との意外な関係が面白い。第二部は歌舞伎の海老蔵・團十郎の用字についての俗説の検討。Wikipediaの記述を本気で原典から検証する過程が読みどころ。第三部が最も読み応えがあり、中国における漢字史といった趣。字体には案外ゆれがある一方で、科挙ではときにものすごく細かい書法へのこだわりがあったりするところが一筋縄ではいかない感じ。私は簡体字の醜さを憎みますが、あれはあれで清朝末期の極端な形式主義への反動でもあったのかなと思ったり。2018/03/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11649319

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。