中公新書<br> 水中考古学―クレオパトラ宮殿から元寇船、タイタニックまで

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり

中公新書
水中考古学―クレオパトラ宮殿から元寇船、タイタニックまで

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年07月13日 11時05分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 228p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121023445
  • NDC分類 202.5
  • Cコード C1220

内容説明

水中考古学とは、水面下の遺跡や沈没船を発掘、保存、調査する研究分野である。欧米の研究チームがクレオパトラ宮殿やタイタニック号を発見し、中国・韓国は国を挙げて沈没船調査を行っているが、日本でも一三世紀の元寇船を発掘するなど、毎年のように新たな成果が上がっている。千葉県沖に沈んだ幕末の黒船を発見し、その後も調査を続けている著者が、自身の体験も織り交ぜながら、世界の海の探検と研究に迫る。

目次

第1章 ツタンカーメン王への積荷―水中考古学の曙光(三三〇〇年の眠りから覚めた王の宝;最も華麗で活動的だった時代 ほか)
第2章 元寇船の発見(長崎県鷹島沖海底にて;保存状態良好な二隻目 ほか)
第3章 海を渡った日本の陶磁器(アーヴォンド・ステレ号からの発見;東への航路―アメリカ大陸まで)
第4章 中国の沈船、韓国の沈船(泉州湾宋代沈船;新安沖元代海船)
終章 千葉県勝浦沖に沈む黒船ハーマン号(冒険のはじまり;ハーマン号の遭難とその船歴 ほか)

著者等紹介

井上たかひこ[イノウエタカヒコ]
1943年茨城県生まれ。法政大学卒業後、米国テキサス州立テキサスA&M大学大学院文化人類学部(水中考古学専攻)修了。同大併設の水中考古学研究所にて「水中考古学」の父と呼ばれるジョージ・バス博士の薫陶を受け、東洋人として初めて水中考古学の学位を授与される。この間、トルコのウル・ブルン難破船、ジャマイカのポート・ロイアル海底都市、元寇船など世界的に著名な水中遺跡の発掘調査に参加。その後、筑波大学歴史人類学研究科研究生を経て、茨城大学非常勤講師、カルチャースクール講師など歴任。現在は千葉県勝浦沖の黒船ハーマン号を調査中。日本水中考古学調査会会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

クレオパトラの宮殿、ツタンカーメンに贈られた宝、元寇船、タイタニック…。海底に眠る数々の遺産に光をあてた、探検と研究のドラマ

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件