中公新書
北朝鮮帰国事業―「壮大な拉致」か「追放」か

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 258p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121020291
  • NDC分類 316.81
  • Cコード C1231

出版社内容情報

在日コリアン、日本人妻ら10万人が海を渡った帰国事業。彼らは劣悪な生活環境や差別に苦しむことになる。なぜこの悲劇は起こったのか。

内容説明

一九五九年から四半世紀にわたって行われた北朝鮮帰国事業。「地上の楽園」と宣伝された彼の地に在日コリアン、日本人妻など約一〇万人が渡った。だが帰国後、彼らは劣悪な生活環境・監視・差別に苦しむ。本書は、近年公開された史料や証言を基に、南北統一への“活用”を意図した北朝鮮の思惑と、過激な政治分子と貧困層排除を目論んだという「日本策略論」を検証し、どのように事業は行われ、「悲劇」が生まれたかを追う。

目次

序章 問い直される帰国事業
第1章 「在日社会」の激動―戦前~朝鮮戦争
第2章 朝鮮戦争と帰国運動の始まり
第3章 帰国実現の模索
第4章 帰国事業をめぐる攻防
第5章 北朝鮮はなぜ「帰国」を推進したか
第6章 なぜ「未知の祖国」へ渡ったか
第7章 なぜ「帰国」は四半世紀も続いたか
第8章 「虚構の楽園」での悲劇
終章 現在進行形の問題

著者等紹介

菊池嘉晃[キクチヨシアキ]
1965(昭和40)年東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。87年読売新聞社入社。地方支局、社会部、地方部、週刊誌『読売ウイークリー』担当などとして、北朝鮮・韓国関連の取材に携わる。94~95年には韓国の成均館大学大学院に留学、2000年にまとめた北朝鮮帰国事業に関する論文(韓国語)で修士号取得(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おらひらお

9
2009年初版。内容が重そうなだけに2年ぐらい積読だった本です。内容的にはいろいろな思惑が重なり合って帰国事業が推進されたのですが、悲劇的な結果になったことが記されています。もし、北朝鮮がもう少しまともで、帰国者もそこそこ満足できていたならば、結構な美談として語られるのでしょうが・・・。今は朝鮮総連本部も競売にかけられています。本書は参考文献も多く概観をつかむことができる良書といえそうです。2013/10/03

ラウリスタ~

6
現在の込み入った東アジア情勢を考える上で非常に参考になった。なぜ人々は夢の国という幻想を信じて「帰還」してしまったのかが分かった。今からは想像しにくいことだが北朝鮮の方が韓国よりも豊かだと信じられた時代があったんですよね。北朝鮮の波止場で、豊かなはずの北朝鮮の出迎えの人々のぼろぼろの姿と、悲惨から逃れてきたはずの日本からの着飾った人々の対比。あんまり政治にはかかわりたくないと思ってしまうんですが、その姿勢は逃げだったなと反省させられます。2010/10/20

シュミットさん

5
当時「地上の楽園」と喧伝された北朝鮮を目指して渡海した在日朝鮮人や日本人妻、その家族は9万人にも及ぶとされる。待っていた現実は阿鼻叫喚の地獄だった。一説によると北朝鮮が崩壊すれば10万人が日本に押し寄せるという。受け入れ態勢をどうすべきか。対岸の火事では済まされない。2010/06/16

まさむね

5
恥ずかしながら全く知らなかった。戦後史最大の暗部かもしれない。「帰国者らに「悲劇」をもたらしたのは、帰国事業そのものというより、帰国運動による宣伝で伝えられた北朝鮮の姿と、現実の姿とが、あまりにも異なっていたからである。」2009/12/19

あんぽんたん

4
自身は30代である。子供の時から既に北朝鮮は閉鎖的な国家となっており、謎な国という印象が強かった。帰国事業の話をはじめて知ったのは漫画『ナニワ金融道』であり、今の在り方からは想像できないイベントがあったことに衝撃を受けた。ある程度の背景知識を持ちながら本書を読んだが、その情報を上手く整理することができた。悲劇を生んだ原因に北朝鮮当局の欺瞞があったのは疑いようもないが、当時のマスコミや支援者には帰国者を騙す意図はなく善意からの行動だったのがよくわかる。その善意を蔑ろにした意味でも本事業の罪深さが際立つ2021/10/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/287306

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。