中公新書<br> オッペンハイマー―原爆の父はなぜ水爆開発に反対したか

中公新書
オッペンハイマー―原爆の父はなぜ水爆開発に反対したか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 262p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121012562
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C1242

内容説明

原爆の出現は歴史を核以前・核以後に二分する出来事であったが、この二つの時代の間で運命を引き裂かれたオッペンハイマーは、現代の科学者の象徴といえる。原爆の完成によってヒーローとなり同僚の拍手に両手を挙げて応じた男が、数ヵ月後には「私の手は血で汚れている」と震えた。科学者が抱くこの最大級の矛盾を核の国際管理を構想することで解決しようと試みた彼は、水爆開発に反対し、赤狩りの渦中で公職から追放された。

目次

序章 「危険」と「希望」
第1章 オッペンハイマーはスパイだった?
第2章 理論物理学者「オッピー」の誕生
第3章 マンハッタン計画への参加
第4章 原爆の完成と対日投下
第5章 原子力の開発と管理
第6章 水爆開発をめぐる対立
第7章 オッペンハイマー事件
終章 科学と政治の接点を生きた科学者

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ジュンジュン

11
西暦がキリスト以前と以後で区切られるように、遠い未来、人類は核以前と以後で歴史を記録するのだろうか?そうなると、十字架を背負い、ゴルゴダの丘を登ったのは、彼となるだろう_オッペンハイマー。本書はコンパクトな伝記ながら、「核開発・管理に対する科学者からの提言(報告)」への考察が目立つ。なぜ水爆開発に反対したのか_核使用に反対したのではなく、破壊力がありすぎてコントロールできない水爆より、多種多様な戦術核を作れ。オッペンハイマーは科学者にして”行政官”。2022/01/18

ZEPPELIN

7
日本への原爆投下に関して、オッペンハイマーは反対していなかったとのこと。その後、ソ連が核実験に成功し、アメリカ国内で水爆開発を求める声が高まると、今度は反対する。水爆の是非はともかく、「原爆はいいけど水爆はダメ」というオッペンハイマーよりも、「兵器にモラルなどない」という賛成派の方に説得力があったのも無理はない。IAEAというオッペンハイマーが目指したであろう機関は出来たけれど、それで安全が確保されたかといえば間違いなくノーであり、もう過去には戻れないという事実しか残らない2015/05/25

jj

3
オッペンハイマーの晩年について興味深い。もう少し調べてみたい。2015/03/01

sasha

3
文章が回りくどいのを差し引いても、少々分かりにくい。途中でオッペンハイマーの話から離れて、アメリカの原爆政策の話に紙数を大幅に費やしている。他のオッペンハイマー関連の作品が上下巻だったので手っ取り早く本書を選んだのが失敗だった。2014/01/04

yuka_tetsuya

2
原爆の父が、水爆開発に反対した理由が、簡潔に語られている。英雄から、公職追放に転落した背景には当時の「赤狩り」の政治的パラノイアがあった。時代と、科学者としての良心の狭間で、そのように揺れ動いたのか。さらにオッペンハイマーについての本を読んでみたいと思った。2018/06/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/96873

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。