中公新書<br> ハングルの世界

中公新書
ハングルの世界

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 215,/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121007421
  • NDC分類 829.1

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

うしろや

1
いつの間にかできた文字ではなく、目的をもって作った文字ハングル。最近「王の願い ハングルの始まり」という映画を見た。ハングルを作るために、僧侶が協力しているというのは初めて知った。子音は口の中の形からとか、母音は天地人と関係してるとか(羽生君は勘違いしてるよなあ)、まあハングルにまつわる話はおもしろい。2022/04/14

マツモト・ホテイソン

1
神保町の三省堂の古本コーナーで購入。 日韓関係が冷え込む中で相手方の文化を知るために読みました。もともと勉強してハングルが読めるので、それもあって。 ハングルの歴史から現代(といっても約20年前の)の韓国情勢についての記述が多かったです。なかなか古代・中世朝鮮王朝も色んな課題を抱えていたのだと痛感。2019/08/26

OjohmbonX

1
30年前に韓国滞在中の中上健次が「柄谷行人への手紙」の中で「韓国が世界の文化の極にもなるだろうと推測させるハングルというものの革命性を考えもせず、人口のもので科学的合理的、一番進んだ表記方法という三歳の子供でも言いそうな事でお茶をにごし、言語学といえば語源論程度しかないという事態を私はおそれる。」と書いていたのを思い出して本書を手にとってみましたが、「三歳の子供でも言えそうなこと」からは免れていないようで残念でした。実はあんまりハングルそのもののことは書いてくれてないという。2011/12/08

samandabadra

1
肩がこらない読みやすい本でした。2011/05/26

te_R9

1
ハングルの成立から現在に至る歴史がわかりやすく書かれていてためになった.著者の娘が突然韓国語をしゃべれるようになったくだりは外国語との接し方という点で参考になるなぁ.2011/01/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/161307

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。