孤独のアンサンブル―コロナ禍に「音楽の力」を信じる

個数:
電子版価格 ¥2,200
  • 電書あり

孤独のアンサンブル―コロナ禍に「音楽の力」を信じる

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年05月09日 01時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 339p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784120054228
  • NDC分類 764.3
  • Cコード C0095

出版社内容情報

コロナ禍により、クラシックの演奏家たちは活動を制限された。演奏会はすべて中止、アンサンブルの練習もできない。自宅の防音室にこもる日々、彼らは音楽、職業、生活について何を考えたのか。


――オーケストラのトッププレイヤーたちが外出自粛の中、自宅でたった一人音楽を奏でていく番組を作る。本書はNHKプロデューサーのそんな思いから始まった2020年の半年間のドキュメントである。


「孤独のアンサンブル」から「孤独のアンサンブル ~希望編」、そして「明日へのアンサンブル」へ。プレイヤー一人一人の思いと「音」が甦る。

内容説明

「自分たちの仕事は果たして必要なのか?」オーケストラのトッププレイヤーたちが、外出自粛の苦悩の中、自宅でたった一人音楽を奏でていく番組を作る―NHKプロデューサーのそんな思いから始まった半年間のドキュメント。

目次

第1章 二月、しのびよる危機
第2章 三月、コロナが音楽を消し去った
第3章 四月、「孤独のアンサンブル」
第4章 五月、かすかな希望の光
第5章 六月、「明日へのアンサンブル」への道
第6章 七月、そして一三人が揃った
第7章 七月二十七日
第8章 七月三十一日
第9章 八月、第二波のなかで

著者等紹介

村松秀[ムラマツシュウ]
NHKエンタープライズエグゼクティブ・プロデューサー。1990年東京大学工学部卒、NHK入局。科学・環境番組部等を経て、2019年に出向し、現職。様々な科学番組を制作、特に環境ホルモン汚染や「論文捏造」問題をいち早く社会に問うてきた。NHKサイエンススタジアムなどイベント企画運営も行う。文化庁芸術祭大賞、放送文化基金賞大賞、バンフ・テレビ祭最高賞、科学ジャーナリスト大賞ほか受賞多数。大学などでの講演も多い。2021年春まで東京大学総合文化研究科客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。