科学と倫理―AI時代に問われる探求と責任

個数:

科学と倫理―AI時代に問われる探求と責任

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2022年08月13日 15時07分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 302p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784120053887
  • NDC分類 407
  • Cコード C0040

出版社内容情報

大震災、新型感染症などの災厄に襲われたとき、どのように社会の期待に応えるか――――。

AI、生命科学、宇宙科学の急速な進展のなか、いかなる規範を自らに課すべきか――――。

「科学者の責任」をめぐる13の視座。


〈目次より〉

【第Ⅰ部 社会に開かれた研究倫理】

●第1章 野家啓一(東北大学名誉教授)

「3.11以後の科学と倫理」

●第2章 酒井邦嘉(東京大学大学院総合文化研究科教授)

「ロボット三原則と科学者三原則」

●第3章 廣野喜幸(東京大学大学院情報学環/総合文化研究科教授)

「科学者の社会的責任――専門知の失敗と責任システム」

【第Ⅱ部 これからの生命・AI・宇宙時代に問われるもの】

●第4章 須田桃子(NewsPicks副編集長)

「合成生物学の倫理とデュアルユース性」

●第5章 小川眞里子(三重大学名誉教授)

「感染症の科学と倫理」

●第6章 鈴木邦彦(米国ノースカロライナ大学名誉教授)

「遺伝病医療の倫理」

●第7章 前野隆司(慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授)

「AI時代の科学技術倫理」

●第8章 江間有沙(東京大学未来ビジョン研究センター特任講師)

「『本人らしさ』の探求と演出――人工知能技術による『よみがえり』をめぐる論点」

●第9章 神崎宣次(南山大学国際教養学部教授)

「人類の生存と宇宙進出の問題」

【第Ⅲ部 文化としての科学倫理思想】

●第10章 村田純一(東京大学名誉教授)

「科学の創造性と倫理性――ベーコン的科学の行方」

●第11章 岡本拓司(東京大学大学院総合文化研究科教授)

「原子爆弾と『聖断』」

●第12章 正木晃(宗教学者)

「宗教由来の倫理は科学の倫理に応用できるか ?  ――嘘(捏造)をめぐる考察」

●第13章 安藤礼二(多摩美術大学美術学部教授)

「エコロジー思想の起源とその両義性」


あとがき 金子務先生を偲んで 酒井邦嘉

内容説明

「科学者の責任」をめぐる13の視座。大震災、新型感染症などの災厄に襲われたとき、どのように社会の期待に応えるか―。AI、生命科学、宇宙科学の急速な進展のなか、いかなる規範を自らに課すべきか―。

目次

第1部 社会に開かれた研究倫理(3・11以後の科学と倫理;ロボット三原則と科学者三原則;科学者の社会的責任―専門知の失敗と責任システム)
第2部 これからの生命・AI・宇宙時代に問われるもの(合成生物学の倫理とデュアルユース性;感染症の科学と倫理;遺伝病医療の倫理;AI時代の科学技術倫理;「本人らしさ」の探究と演出―人工知能技術による「よみがえり」をめぐる論点;人類の生存と宇宙進出の問題)
第3部 文化としての科学倫理思想(科学の創造性と倫理―ベーコン的科学の行方;原子爆弾と「聖断」;宗教由来の倫理は科学の倫理に応用できるか?―嘘(捏造)をめぐる考察
エコロジー思想の起源とその両義性)

著者等紹介

金子務[カネコツトム]
1933年生まれ。大阪府立大学名誉教授、国際日本文化研究センター共同研究員、形の文化会名誉会長。読売新聞社、中央公論社を経て、大阪府立大学教授、放送大学客員教授、図書館情報大学教授、帝京平成大学教授を歴任。著書に、『アインシュタイン・ショック』(河出書房新社、1981年、サントリー学芸賞受賞、岩波現代文庫2005年)など

酒井邦嘉[サカイクニヨシ]
1964年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科教授。専門は言語脳科学。ハーバード大学リサーチフェロー、マサチューセッツ工科大学客員研究員を経て現職。主な著書に、『言語の脳科学』(中公新書、2002年、毎日出版文化賞受賞)など。第19回塚原仲晃記念賞受賞(2004年)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。