横丁の戦後史―東京五輪で消えゆく路地裏の記憶

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

横丁の戦後史―東京五輪で消えゆく路地裏の記憶

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2022年08月14日 19時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 293p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784120053689
  • NDC分類 673.9
  • Cコード C0036

出版社内容情報

横丁には庶民に活力を与える不思議な力がある。そんな「戦後」の呑み屋横丁が、東京五輪開催に際し、絶滅の危機に瀕している。横丁をつくり、横丁に生きた名もなき人々は概して記録を残していない。このままでは、昭和の香り残るパラダイスは、人々の記憶から消えてしまう。そんな危機感から、筆者は立ち上がった。テキヤ、よそ者、周縁に置かれたひとびと。「みんな」で作った横丁の歴史を掘り起こした「横丁ジャーナリズム」の真骨頂。

内容説明

横丁には庶民に活力を与える不思議な力がある。そんな「戦後」の呑み屋横丁が、東京五輪開催に際し、絶滅の危機に瀕している。横丁をつくり、横丁に生きた名もなき人々は概して記録を残していない。このままでは、昭和の香り残るパラダイスは、人々の記憶から消えてしまう。そんな危機感から、筆者は立ち上がった。テキヤ、よそ者、周縁に置かれた人々。「みんな」で作った横丁の歴史を掘り起こした「横丁ジャーナリズム」の真骨頂。

目次

序章 昭和が残るパラダイス
第1章 ママたちの横丁、客たちの横丁
第2章 在日コリアンの横丁
第3章 テキヤ横丁
第4章 エスニック横丁
終章 若者たちの横丁

著者等紹介

フリート横田[フリートヨコタ]
文筆家。路地徘徊家を自称。1979年生まれ。戦後~高度成長期の古老の昔話を求めて盛り場を徘徊。昭和や盛り場にまつわるコラムや連載記事を雑誌やウェブメディアに執筆、TV番組にも出演(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

fwhd8325

58
けっして特別な場所ではなかったはずの横丁ですが、最近ではそこが観光地化していることに違和感を感じています。生まれ育った町Ⅱも横丁がありました。横丁ならではの道幅、匂い、人。著書は横丁の生命を描いているように感じました。戦後史というやや大仰なタイトルだけれど、横丁ならではこその歴史があります。読み応えのある一冊でした。2021/08/06

DEE

14
主な所では渋谷、東上野、浅草、横須賀、高田馬場など、横丁の歴史や成り立ちを掘り下げるルポ。 こういうニッチなルポは好き。 横丁の定義は細かく言えば千差万別かもしれないけど、道か狭く密集してて、いい意味で汚くて美味いところという認識でいいと思う。 環境やら法律やらの影響で、いずれはなくなるか大きくカタチを変えていくであろう横丁。行くのは今のうちかも。2021/02/24

田中峰和

6
戦後の横丁のもとをたどれば、焼け野原に自発的に出来上がったバラック群。人々が食べるために群がった場所は、はしこく強い者だけが仕切る闇市だった。愚連隊もいれば、博徒、テキヤもいる。彼らと敵対したのは、三国人と呼ばれた朝鮮、台湾、中国の人々。70年以上経過すれば、当事者は見つからず、関係者たちも老人ばかり。ようやく見つけた取材対象を根気よく訪ねる。さらに時間を経れば、出稼ぎや故国を捨てたエスニックの人々が集住する横丁が出現。路地裏の飲み屋が消えるのは、五輪の開発より若者の飲酒離れの方が大きいのではないか。2021/09/07

ムチコ

4
地道なフィールドワークによる聞き取り内容はともかく、文体のクセとそこから滲み出る「自分のやってる飲み歩き方こそが正しい」というような感覚が読んでいてつらい。2021/05/18

Go Extreme

2
昭和が残るパラダイス:京成立石・呑んべい横丁 神田駅前ガードして ママたち・客たちの横丁:渋谷駅前・のんべい横丁 流し・高度成長期 第三世代・若者たちの挑戦 インバウンドと横丁 横丁好き・Ⅰ型とⅡ型 三軒茶屋・三角地帯 在日コリアンの横丁:浅草2丁目・焼肉横丁 戦災者を救うため 年寄りの話は聞け 難民キャンプとしての横丁 見ることの暴力性 テキヤ横丁:若松マーケット 暴力団とテキヤの違い 鈍化ていくテキヤ エスニック横丁:パイラー 池袋駅北口・中国人街 高田馬場・リトルヤンゴン 若者たちの横丁2021/01/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17037919

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。