『細雪』とその時代

個数:

『細雪』とその時代

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年06月13日 13時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 302p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784120053504
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0095

出版社内容情報

戦争に向かう時代にあの美しい世界がなぜ生まれたのか。


芦屋、神戸、船場……蒔岡四姉妹が生きた風景が練達の筆に甦る





目次より


一  女が育てた阪神間文化


二  船場という共同体


三  モダン都市大阪の活気のなかで


四  阪神間の文化と神戸


五  モダン都市神戸と谷崎の夢


六  神戸で映画を楽しむ蒔岡姉妹


七  モダンガール四女、妙子


八  妙子の挫折と受難


九 「芸術写真」を志した板倉


十  外国人との交流と別れ


十一 東京での鶴子一家の暮らし


十二 芦屋と東京を行き来する雪子


十三 縁結びの美容師・井谷


十四 阪神大水害


十五 愛敬者、お春どんの明るさ


十六 美しき桜と蛍と雪子


十七 迫り来る戦争の影


十八 病気小説としての『細雪』


終章 戦争への道

内容説明

その美しさ、たおやかさ。谷崎によってしかあの時代の「女の世界」は描けなかった。芦屋、神戸、船場…昭和十年代の風景が甦る。失われてゆくものへの郷愁。

目次

女が育てた阪神間文化
船場という共同体
モダン都市大阪の活気のなかで
阪神間の文化と神戸
モダン都市神戸と谷崎の夢
神戸で映画を楽しむ蒔岡姉妹
モダンガール四女、妙子
妙子の挫折と受難
「芸術写真」を志した板倉
外国人との交流と別れ
東京での鶴子一家の暮らし
芦屋と東京を行き来する雪子
縁結びの美容師、井谷
阪神大水害
愛敬者、お春どんの明るさ
美しき桜と螢と雪子
迫り来る戦争の影
病気小説としての『細雪』
戦争への道

著者等紹介

川本三郎[カワモトサブロウ]
1944年東京生まれ。東京大学法学部卒業。朝日新聞社入社後、『朝日ジャーナル』記者を経て退社。91年に『大正幻影』(新潮社)でサントリー学芸賞(社会・風俗部門)受賞。その後の著作に96年『荷風と東京』(都市出版、読売文学賞受賞)、2003年『林芙美子の昭和』(新書館、毎日出版文化賞、桑原武夫賞受賞)、12年『白秋望景』(新書館、伊藤整文学賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。