彼女たちの三島由紀夫―中央公論特別編集

個数:

彼女たちの三島由紀夫―中央公論特別編集

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年01月25日 09時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 206p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784120053474
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0095

出版社内容情報

三島由紀夫は女性(読者)に何を語ったのか――。

岸田今日子、高峰秀子、越路吹雪、宇野千代らとの全集未収録対談と、『婦人公論』発表の作品を中心に、女性誌を舞台にした三島の発言とエッセイを集成。同時代を生きた杉村春子、若尾文子、円地文子、湯浅あつ子ほかの貴重な回想に加え、石井遊佳、北村紗衣、酒井順子、ヤマザキマリによる新規エッセイを収録する。執筆者が全員女性による初の三島読本。【三島由紀夫没後50年記念企画】



〈目次〉



Ⅰ 彼自身による三島由紀夫――婦人公論アーカイヴⅠ 三島由紀夫

  三島由紀夫氏との50問50答

  わが家の食卓 平岡倭文重/三島由紀夫

  思い出の歌

  作家と結婚

  私の中の“男らしさ”の告白

  世界の旅から帰った三島由紀夫氏 聞き手=芳村真理



Ⅱ 私の三島由紀夫

  酒井順子    「際」の近くで

  ヤマザキマリ  『禁色』を拒絶した母

  蒼井優/美波  三島戯曲に挑む――『サド侯爵夫人』上演にあたって

  石井遊佳    三島由紀夫のある風景

  北村紗衣    地球人には家族は手に負えない――クィアSFとしての『美しい星』



Ⅲ 「彼女たち」との対話

  【全集未収録対談】

  岸田今日子さんと恋愛を語る

  中村勘三郎丈と歌舞伎を語る

  高峰秀子さんと映画・結婚を語る

  石井好子さんとシャンソンを語る

  越路吹雪さん ミュージカルスみやげ話

  有吉佐和子さん 女は悲しくない

  【往復書簡】

  あなたのイノサン、あなたの悪魔  三島由紀夫様 森茉莉

  あなたの楽園、あなたの銀の匙     森茉莉様 三島由紀夫



Ⅳ 追憶の三島由紀夫

  湯浅あつ子  三島由紀夫の青春時代

  杉村春子   大声で笑う快男児

  若尾文子   “俳優・三島”とのラストダンス

  南美江    あの時の印象

  円地文子   響き

  倉橋由美子  英雄の死



Ⅴ 『美徳のよろめき』を読む

  武内佳代   三島由紀夫と『婦人公論』――『美徳のよろめき』への助走

  宇野千代/三島由紀夫  女はよろめかず

  柴門ふみ   三島由紀夫『美徳のよろめき』
<

目次

1 彼自身による三島由紀夫―婦人公論アーカイヴ1 三島由紀夫
2 私の三島由紀夫
3 「彼女たち」との対話
4 追憶の三島由紀夫
5 『美徳のよろめき』を読む
6 女が美しく生きるには―婦人公論アーカイヴ2 三島由紀夫

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぐうぐう

28
同時代に三島由紀夫を読んでいた人と、自決後に三島を知って読んでいる人とでは、その感じ方が違うように、男性と女性では、三島の捉え方は違うのかもしれない。本書は、そんな視点から編まれている。つまり「三島事件の影の外に出て、事件によってできた死角を照らそうとしたもの」である。その方法は、執筆者、対談相手を女性に限り(一人、例外があるが)、三島のエッセイも「婦人公論」から再録し、三島が女性に何を語りかけたのかが垣間見れる構成を取っている。(つづく)2020/11/13

Eimi

10
三島由紀夫自身の寄稿で、女性作家や女性の評論家、あるいは女優等が三島本人の人となりやあるいはその作品について様々な角度から書いていて、面白かった。 三島の女性に対する考え方は、今の価値観からは問題がありそう。筋肉と知性で女性は一生男性に勝てない、とかね。面白かったのは、エッセイストの酒井順子さんが三島の小説を「少女漫画のよう」と評していたところ。確かに三島の小説の修飾過多できらびやかなさまとか、上流貴族同士の優雅な交際なんかは、少女漫画の過剰な顔の表情にも相通じるものがあるかも。2021/01/23

chitotaka

5
婦人向け雑誌などに掲載されたエッセイや対談、三島の死後に書かれた女性たちの追悼文などがまとめられている。女性向けということで武張った文章や思想も出てこず、楽し気に女性論を語る、こういう一面もあったのかと感じさせられる。『鏡子の家』のモデルになった湯浅あつ子が三島とその家族について書いており、内容も勿論だが、その湯浅のスタンスにもちょっと衝撃を受けた。結構な高所から書かれたこの文章、今ならネットで炎上必至だろうな。2021/02/21

冬薔薇

3
女性視点の多面的な三島の様子が伺える。1960年前後のものなのでやはり時代を感じてしまうが、これはこれで貴重。酒井順子、そして中村勘三郎、高峰秀子、石井好子、岸田今日子、当時の対談がいい。森茉莉は相変わらずで二人の関係が微笑ましい。湯浅あつこの語る彼等の青春時代が描かれる、また知らない一面に出会う。円地文子「生き恥をさらしてももう一度…」が印象的。やはり強烈な印象の死は、なぜといまだに思わせる。2021/04/28

rinrinkimkim

3
婦人公論と割と硬派な雑誌に掲載された三島との対談や三島を語る作品を集めた1冊。三島がアウエイで女性と口論しているのがちょっとおかしいんです。女たちは、と握りこぶしをあげつつもどこか勝ちきれない。そして令和の御代においては三島が熱く語る女が美しく生きるには性の道徳的なことを言ってるんですけど全然通用しないんですよね~。時代遅れになりすぎなんです。三島はJKがパンツを売る時代が目の前に迫っていることすら気づかず市ヶ谷にて命を絶っているんです。最初から最後まで読了しても理解するには昭和に戻るしかないのかな?2021/03/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16682922

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。