孤絶―家族内事件

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

孤絶―家族内事件

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年03月30日 20時06分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 237p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784120052231
  • NDC分類 368.6
  • Cコード C0036

内容説明

介護殺人、ひきこもり、児童虐待、孤立死―周囲から孤立した家族の中で起きた悲劇。事件の背景には、限界まで追い込まれた当事者の苦悩があった。

目次

第1部 介護の果て(認知症の妻と7年…限界に;「疲れました」―承諾殺人 ほか)
第2部 親の苦悩(長男の心の病の悪化に絶望して;助けを求めても、たらい回しに ほか)
第3部 幼い犠牲(続く虐待死、「保護すべきか」児相の葛藤;孤立の果てに、3歳児虐待死 ほか)
第4部 気づかれぬ死(孤立死―廃業で生きがいを失い;老老介護、SOSが届かず共倒れ ほか)
第5部 海外の現場から(放置された虐待SOS―アメリカ(1)
里親からも虐待―アメリカ(2) ほか)

出版社内容情報

「なぜ、助けを求められなかったのか?」介護殺人、ひきこもり、児童虐待、孤立死……問題を内に抱え込んでしまった家族に起きた悲劇。いつ誰の身に起きるとも限らない事件の背景に迫る。





目次


第1部 介護の果て


第2部 親の苦悩


第3部 幼い犠牲


第4部 気づかれぬ死


第5部 海外の現場から

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件