つみびと

個数:

つみびと

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月14日 15時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 376p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784120051920
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

灼熱の夏、23歳の母・蓮音は、
なぜ幼な子二人をマンションに置き去りにしたのか。

真に罪深いのは誰なのか。


あの痛ましい事件に山田詠美が挑む。
虐げられる者たちの心理を深く掘り下げて、日経新聞連載時から話題を呼んだ、迫真の長編小説

内容説明

灼熱の夏、彼女はなぜ幼な子二人を置き去りにしたのか。フィクションでしか書けない“現実”がある。虐げられる者たちの心理に深く分け入る迫真の長編小説。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミカママ

550
その想像力に圧倒された。ここは「取材力」と書くべきところなのだろうが、登場人物たちの気持ちや背景を想像し、事件を再構築して書いたフィクションかと思われる。筆者のデビュー以来の作品(エッセイを含め)をほぼ読破しているわたしは、彼女がどれほど幸せな家庭に育ったかを知っている。そんな温かい家庭に育った彼女が、この事件を知ったときの衝撃はいかばかりか。いわく「家庭の温かみとは、(中略)その家に住む人間たちが互いを気に掛けているかどうかという証明」。事件の暗闇の本質は、われわれ読者には想像することしかできない。2021/12/27

starbro

438
山田詠美は、新作中心に読んでいる作家です。実際の事件にインスピレーションを受けて書いた作品なので、ノンフィクションのような雰囲気です。旬のネタ(DV、ネグレクト、幼児虐待等)が満載で読んでて辛くなります。つみびとが多数登場しますが、皆、些細な事で罪を犯す弱い存在でした。特別に極悪な鬼母ではなく、不幸の連鎖で誰もが陥る可能性があるのが、大変怖さを感じます。幼き命を救うセーフティ・ネットが必要です。2019/06/15

ウッディ

322
幼児を置き去りにして死亡させた罪で捕らえられた蓮音、そしてかつて子供を残して家を出た母の琴音は、自分の行動が今回の事件につながっているのではないかと苦悩する。虐待の連鎖によって引き起こされる事件や失われる小さな命の責任は誰にあるのかを考えさせられる物語だった。琴音、蓮音、そして桃太の視点で紡がれるストーリーは、彼らも親の愛情を信じ、幸せを感じた瞬間があったこと、子供と一緒にいることにかけがえのない幸せを感じた瞬間があったことを伝えており、わかっていながら愛情を注ぎ続けることのできなかった後悔が切なかった。2021/05/07

いつでも母さん

231
〈小さき者たち〉が痛ましい。この兄妹には何の罪もない。では、つみびとは誰?虐待を受けていた人間は全て連鎖するのかーそうでは無い。が、人が壊れるのはこうして壊れるんだ。超えられない一線は簡単に超えられるのだ。と私に突きつける。何か一つ違っていたら・・それは後になって思うこと。それは虐げられたことのない者が言いそうな言葉か。「幸せになりたかっただけ。そのやり方を間違えた」間違いはやり直せるけれど、幼子は還らない。蓮音の過ごす30年は祈りと贖罪の時間だろう。苦しい読書になった。2019/06/17

utinopoti27

227
いまだ止まない児童虐待。中でも、図抜けて社会に衝撃をもたらしたのが9年前の大阪二児放置死事件だ。罪なき命の灯はなぜ消されなければならなかったのか。本作は、この悲劇をモチーフに、加害者・蓮音と、その母・琴音の生い立ちに迫りつつ、彼女らの心理のヒダに深く分け入ってゆく。幼き日のトラウマから抜け出せず、家族を放棄した琴音。幸せになりたかっただけなのに、その形をイメージできず、刹那の快楽と引換えに、母を信じ続けた幼い命を見殺しにした蓮音。正論を振りかざし、逃げ場を奪った者たち。濃淡の差はあれ、みな「つみびと」だ。2019/12/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13721342

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。