続 横道世之介

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり

続 横道世之介

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年12月05日 11時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 409p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784120051630
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

人生のダメな時期、万歳。人生のスランプ、万々歳。

青春小説の金字塔、待望の続篇。


バブル最後の売り手市場に乗り遅れ、バイトとパチンコで食いつなぐこの男。名を横道世之介という。いわゆる人生のダメな時期にあるのだが、なぜか彼の周りには笑顔が絶えない。鮨職人を目指す女友達、大学時代からの親友、美しきヤンママとその息子。そんな人々の思いが交錯する27年後。オリンピックに沸く東京で、小さな奇跡が生まれる。

内容説明

バブルの売り手市場に乗り遅れ、バイトとパチンコで食いつなぐこの男。横道世之介、24歳。いわゆる人生のダメな時期にあるのだが、彼の周りには笑顔が絶えない。鮨職人を目指す女友達、大学時代からの親友、美しきヤンママとその息子。そんな人々の思いが交錯する27年後。オリンピックに沸く東京で、小さな奇跡が生まれる。

著者等紹介

吉田修一[ヨシダシュウイチ]
1968年長崎県生まれ。97年「最後の息子」で文學界新人賞を受賞、作家デビュー。2002年『パレード』で山本周五郎賞、『パーク・ライフ』で芥川賞、07年『悪人』で毎日出版文化賞と大佛次郎賞、10年『横道世之介』で柴田錬三郎賞を受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ウッディ

546
就職活動に失敗した横道世之介は、バイトとパチンコで生活するという最悪の1年を過ごす。善良な世之介は、他人の懐にスルリと入り込み、多くの人の心に軌跡を残す。10年も前に読んだ小説の主人公と再び出会えることがこんなにも嬉しいなんて・・。彼の24歳からの一年を描いた物語だが、いつまでも読んでいたいと思える数少ない小説でした。コモロン、桜子さんと亮太、浜ちゃんら、この物語の登場人物と同じく、自分を含めた読者も、何かの拍子に世之介のことを懐かしく、切なく思い出す、そんな小説です。とっても、面白かったです。2019/08/19

nanako

528
小説も映画も大好きな「横道世之介」の続編。楽しみにとっておいた本作をGWの最終日に自宅でのんびり楽しみました。しょうこちゃんをはじめ大学時代のメンバーは出てきませんでしたが、素敵な人に囲まれた世之介は、世間の目で見れば「人生の底」かもしれませんが、幸せそうでうれしくなりました。あまり誉め言葉としてつかわれない「善良」ですが「善良でなにが悪い」という作者のメッセージが伝わってきました。本作の前に読んだ「傲慢と善良」でも「善良」がテーマになっていましたが、吉田修一と辻村深月の善良の描き方の違いを感じました。2019/05/06

酔拳

424
前作と、登場人物が変わったが、現在と過去を行き来する手法はそのままで、小説の良さが詰まっていた。また、登場人物達のキャラの良さも相変わらずで、小説に重みを与えている。世之介のような性格の男は、バブル期以前の社会でなら通用したかもしれないが、バブル期以後の冷え切った社会では、社会からはじきとばされるんだろうなと思った。でも、世之介のような性格の男は、日本には絶対に必要だなとも思う。世之介のように、善良な気持ちを持った人が活躍できる世の中はきっと、おもしろいだろうな!2020/04/26

seacalf

389
まさか世之介の続編が読めるとは。自分もこんな風にふわふわと将来が定まらず、気心の知れた仲間と飲み遊んでいた時期があるので何だか懐かしい気持ちに浸れる。あの時代のちょっとしたアイテムが不意に登場するので懐かしさでこそばゆい。どこか力が抜けた世之介の人の良さは相変わらずで、昔の飲み仲間達を思い出す。たまに思い出したかのように酔っ払いメールを送ってくる彼は元気かしら。さらりとストレスなく読めて、さりげなく幸せのかたちを表現してくれる。これはまだ続編が期待出来そうだ。世之介の善良さを感じる写真、見てみたいな。2019/09/26

大阪のきんちゃん2

345
ああ!何か泣けてくるし笑えてくる! そんな感覚を前作同様抱きました。 自らに置き換えて、あの時は全然空気読めてへんかったなあとか、善良で愚鈍、残念な奴だけど憎めないしイイ奴だったなあと思い出したりとか、まあドン底とは言わないまでも苦境の一隅を照らす存在、そんな世之介と彼に関わった人々との物語です。 ガチガチの成功譚に飽きた人にはピッタリ! 人生のダメな時期、万歳。人生のスランプ、万々歳。吉田センセーもそう言ってます。 桜子チャンや祥子チャン(これは前作)との関係が残念でもあり、ちょっと羨ましい!?2019/07/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13445150

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。