科学と宗教 対立と融和のゆくえ

個数:

科学と宗教 対立と融和のゆくえ

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2019年01月20日 08時19分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 280p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784120050763
  • NDC分類 404
  • Cコード C0040

内容説明

自然の合理性を信じるか、それとも神を信じるか。AI(人工知能)の急進展により、科学と宗教の関係は新たな局面を迎えている。両者の「対立と融和」の歴史を辿り、未来を展望するための11の視座。

目次

科学と宗教の交錯
第1部 ヨーロッパとの対話―知と信の原型から(世界宗教と科学;キリスト教以前の科学と宗教;ガリレオ裁判の真実;乾燥地文明における帝国と宗教の形成―黒アフリカ・イスラーム文明から考える;イスラームと科学技術)
第2部 アジアからのメッセージ―こころの深層を巡って(宗教と科学の融和と拒絶;原始仏教における知と信;脳と心と無意識―脳科学・幸福学と仏教の関係;鈴木大拙から折口信夫へ、そして宮沢賢治へ;日本文化における知と信と技―和歌と俳諧に読む ほか)

著者等紹介

金子務[カネコツトム]
1933年生まれ。大阪府立大学名誉教授。国際日本文化研究センター共同研究員。科学技術史専門。日本科学協会評議員、理事を歴任。著書『アインシュタイン・ショック』(河出書房新社、1981年/岩波現代文庫、2005年、第3回サントリー学芸賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

自然の合理性を信じるか、それとも神を信じるか――。

AI(人工知能)の急進展により、科学と宗教の関係は新たな局面を迎えている。両者の「対立と融和」の歴史を辿り、未来を展望するための11の視座。

目次
序 科学と宗教の交錯 金子務
第1部
第1章 世界宗教と科学 伊東俊太郎第2章 キリスト教以前の科学と宗教 山口義久第3章 ガリレオ裁判の真実 田中一郎第4章 人類文明史の再構築から 嶋田義仁第5章 イスラームと科学技術 三村太郎
第2部
第6章 宗教と科学の融和と拒絶 正木晃第7章 原始仏教における知と信 植木雅俊第8章 脳と心と無意識 前野隆司第9章 鈴木大拙・折口信夫・宮沢賢治 安藤礼二第10章 日本文化における知と技と信 荒川紘第11章 内村鑑三による科学とキリスト教

日本科学協会[ニホンカガクキョウカイ]
編集

金子務[カネコツトム]
監修