『戦争論』入門―クラウゼヴィッツに学ぶ戦略・戦術・兵站

個数:

『戦争論』入門―クラウゼヴィッツに学ぶ戦略・戦術・兵站

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2017年10月20日 21時33分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ 46判/ページ数 320p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784120050022
  • NDC分類 391.1
  • Cコード C0031

内容説明

敗者の考察である『戦争論』への理解なくして、現代の戦争を論じることはできない。原典の訳者が対話形式で名著を読み解く、最善の副読本。

目次

第1編 クラウゼヴィッツとその時代(戦争の諸形態;近代の戦争)
第2編 『戦争論』の内容(『戦争論』と他の著作との比較;戦争の性質について;戦争の理論について;戦略一般について;戦闘;戦闘力;防禦;攻撃(草案)
作戦計画(草案))
第3編 クラウゼヴィッツの受容史(第一次世界大戦まで;第二次世界大戦とそれ以後)

著者紹介

清水多吉[シミズタキチ]
1933年(昭和8)、会津若松生まれ。東京大学文学部哲学科卒業、同大学大学院修士課程修了。東京大学、名古屋大学、静岡大学、早稲田大学、法政大学、立教大学、東洋大学、神奈川大学の講師を歴任。ニューヨーク・ホフストラ大学客員教授。立正大学名誉教授。著書に、訳書、その他多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

戦争の本質を論じ、近代戦略思想の“聖典”として知られるクラウゼヴィッツの『戦争論』。古びることのない名著の神髄を、訳者自らがやさしく読み解く。学生との対話形式で難解な思想のポイントがつかめる、最善の副読本。戦争年表、人名索引、図版多数収載。