パリの福澤諭吉―謎の肖像写真をたずねて

個数:
電子版価格 ¥1,728
  • 電書あり

パリの福澤諭吉―謎の肖像写真をたずねて

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年09月22日 12時49分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 321p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784120049163
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0095

内容説明

「1万円札の顔」はなぜ生まれたか。「謎の肖像写真」が物語る青年・諭吉のパリ奔走記!遣欧使節団パリ滞在秘話。初めて明かされる秘蔵写真、驚きの事実!パリ在住のジャーナリストが10年にわたって追った福澤諭吉の足跡。

目次

序章
第1章 初めてのパリ
第2章 パリの取材に奔走
第3章 写真家ポトーの謎を解く
第4章 パリ再訪
終章

著者等紹介

山口昌子[ヤマグチショウコ]
慶應義塾大学文学部仏文科卒業後、1969年から1970年、フランス政府給費留学生として新聞中央研究所(CFJ)に学ぶ。産経新聞入社後、教養部、外信部次長などを経て、1990年5月より2011年9月まで21年間にわたってパリ支局長を務める。94年にボーン・上田記念国際記者賞を受賞。13年にレジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

1862年遣欧使節団の通訳だった福澤諭吉は当時27歳。パリで撮影した肖像写真は「日本の典型的なエリートの顔」と評判を呼んだ。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件