釜石ラグビー栄光の日々―松尾雄治とくろがねのラガーたち

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 275p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784120042669
  • NDC分類 783.48

内容説明

かつて陸奥にとてつもなく強いラグビーチームがあった。北海道や東北の無名の高校出身者を鍛え上げ、最先端の理論をいち早く取り入れた地域の古豪だった。そして1976年、明治大学で活躍した天才・松尾雄治が加わり、日本選手権で7連覇を成し遂げる常勝軍団となる―。本書は、当時の選手、相手チームなど80人近い関係者を取材し、どのようにして「栄光の7年」を獲得したのか、また松尾が去ったのち、なぜ敗れたのかを追うノンフィクションである。ここには、釜石という風土、学歴という文化の差、製鉄所内での仕事との両立、それらを乗り越える“勝利”が描かれている。

目次

プロローグ―新日鉄釜石ラグビーと松尾雄治
第1章 万年優勝候補―一九七一~七六年
第2章 黄金時代の幕開け
第3章 対トヨタ自工、まさかの敗戦
第4章 王座奪還―V1への道
第5章 負けようのないチーム―V2からV4へ
第6章 薄氷を踏む勝利―V5からV7へ
第7章 松尾なしで勝ちたい!―一九八五年の闘い
エピローグ その後、なぜ敗退していったか

著者紹介

上岡伸雄[カミオカノブオ]
1958年東京生まれ。85年東京大学大学院英文科修士課程修了。明治大学教授などを経て、学習院大学文学部英語英米文化学科教授(専門は現代アメリカ小説)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)