原点―勝ち続ける組織作り

個数:

原点―勝ち続ける組織作り

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月29日 04時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 229p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784120041082
  • NDC分類 783.7
  • Cコード C0075

内容説明

世界一、日本一を果たした原監督が目指す人材育成、チーム作りとは―父・原貢や巨人軍選手が語る原監督とのエピソード、WBC優勝秘話も掲載。

目次

第1章 自分で考え、決める力
第2章 父から学んだ力
第3章 人をひきつける力
第4章 失敗から学ぶ力
第5章 活かす力
第6章 育てる力
最後に 強い組織を作るには―監督の心得

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

238
やっぱり原監督って今の野球界でもすごい監督の1人だなと感じた。選手にかける言葉の一つ一つがいいな。あと当時の選手も10年経ったので引退した人、監督までやってる人、現役で続けてる人、コーチをしてる人と多種多様だけど、キムタクだけは泣けた。高橋元監督にも長嶋監督のような指導を原監督にして欲しかったなと思った。今年の巨人も要所で原監督の動きがチームを躍動させているので今後にも注目したい。2019/04/26

再び読書

34
多分原氏の現役の頃のバッティングを知らなかった人は単純に感心させられる考え方に基づいた監督だったと思う。特に長嶋氏のやり方と比較すると納得出来るトップである事はわかる。ここに欠けているのは、ぼくが期待した野球技術に関する記述が皆無だった。確かにあんなにチャンスに凡退の山を築いた人のバッティング理論には説得力が無いのは明らかだ。であるが、選手に対する意思の伝え方は流石で、圧倒的な戦力わ有する巨人軍の監督としては、優れていたのだと思う。しかし、仁志を2番にしようとした考え方には共感できない。偉大なる凡人!2017/03/29

27
素人の私でもわかるくらい大胆な采配をする原辰徳という人物に興味を持ち読んだ。「2-3からの打撃だけは、工夫しなさい。あとはいいから、自分の力で、自分のやるべきことをやりなさい」全部は与えない。自ら考え行動できるチーム作り。ここに私は注目した。「弱さは恥ではない」弱さが恥なのではなく、弱い自分から逃げることが恥だと。「毒を食べさせられても栄養にする」どんなことでもエネルギーに変えられる人間。優勝した翌年も同じことをしていたら勝てない。変化を恐れない。指導者の武器は言葉なのだと改めて感じた。2019/07/14

naoudo

15
「素直さ」「朗らかさ」「謙虚さ」人が人を呼び、人を支え、人に支えられるという理想的な環境ができる。そういう環境のもとならば、相手が間違っていると思ったとき「それはおかしい」「それをしては、絶対にダメだ」とお互いはっきり指摘できるようになる。弱さを持つのは、恥ずかしいことではない。弱さを自分で認め、もう一度、時を移さずして、「よし、今日からまたこれをやるぞ」と再スタートさせることが大切なのだ。「野球がうまくなる」その一点にエネルギーが集中した。そしたら、もう、ほかのことなんかどうでもよくなった。WBC優勝。2018/10/18

Kentaro

11
監督は、信念を持って突き進むことも大切だが、何かを見て、「これはいいな、改めよう、変えてみよう」と柔軟に取り入れることのできる姿勢も必要だと思う。また、常にそういったものを欲していなくては、その新しい何かを見つけることはできない。特にプロの集団は、猛者の集まり。常に彼らの中から何かを得ようという意識で接していれば、自分の活力にもなるし、前向きに彼らの中に入っていくことにもなる。選手、コーチ、フロントも含め、チームスタッフの集団の中に監督である“私”が存在して、何か新しいものを発見する機会を得る事ができる。2018/11/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/544744

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。