エリザベス―華麗なる孤独

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 612p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784120040290
  • NDC分類 288.493
  • Cコード C0022

内容説明

英国国教会の確立、弱小国の防衛戦略、臣下の活用といった統治の実際から、人文主義への深い造詣や、数多の求婚を退け独身を貫いた私生活の詳細まで―父王により生母を断頭台に送られた幼女が、やがて時を味方につけ、十六世紀ヨーロッパに威風を行き渡らせる宿命の足どりを、丹念にたどる。

目次

砕け散る希望―王女誕生
フランス仕込みの貴婦人
継母の慈しみの中で
愛する人との別れ
姉妹の確執
幸福の反転
エリザベス一世誕生
ロンドン入城
最初の議会
女王と結婚問題
恋心を縊り殺して
ネーデルラント紛争
渦巻く反逆計画
独自の外交術
メアリー・スチュアートの陰謀
スペインによる侵攻
暴走する若き寵臣
最後の戦い

著者等紹介

石井美樹子[イシイミキコ]
1942年生まれ。津田塾大学大学院博士課程修了。1974~78年、ケンブリッジ大学で中世英文学・演劇を専攻。文学博士。現在、神奈川大学外国語学部教授。ルネサンス文学やチューダー朝研究を中心に、著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

優柔不断な人形か、稀代の策士か? 英国史上最大のビッグネームの全貌を、一次資料を駆使し多面的に描き出した本邦初の本格評伝