印象派

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B4判/ページ数 317p/高さ 33X28cm
  • 商品コード 9784120016240
  • NDC分類 723.05

内容説明

前駆的作品や時代背景の解説を始めとして、マネ、ドガ、モネ、ルノワール、シスレー、ピサロ、セザンヌ、ゴッホ、ゴーギャン、スーラ他の主要画家及び周辺作家96人を網羅、作品をカラーで紹介し豊富な資料を駆使して印象派の全てを解明する。主要作品オールカラー363点、参考図版132点。

目次

第1章 画家の視点は移動する。視野が偏り、断片化する。
第2章 事物とそれを取り巻く風景は、互いに浸透しあう。現実を構成する様々な異質の要素が、光の中で融合する。
第3章 色彩が自律性を勝ち取る。
第4章 もはや、カンヴァスの中にまとめられた形態の均衡によって、作品がつくられるのではない。それは、カンヴァスの枠を超えて展開する自然の一断片となった。
第5章 画家は遠近法を粉砕し、空間を平面に近づける。
第6章 画家は、絵を見る者の視神経を刺激する。色彩を自律的に整然と組織して、私たちの視覚体系を巻き込んで惑わせる。

出版社内容情報

日本初公開の作品を始め,主要作品オールカラー363点,参考図版132点に,各種資料満載。仏・アシェット社と国際提携出版の,印象派に関心を持つ全ての知識人のための基本図書。