新潮新書<br> ロシアを決して信じるな

個数:
電子版価格 ¥814
  • 電書あり

新潮新書
ロシアを決して信じるな

  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2021年08月03日 17時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 208p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784106108969
  • NDC分類 302.38
  • Cコード C0225

出版社内容情報

「北方領土は返還されない。暗殺は日常茶飯事」。第一人者が現地体験からスリリングに描くロシアの真髄。

内容説明

北方領土は返ってこない。ロシア人は狡猾で、約束は禁物だ―著者はこう語る。長年、かの国に渡り、多くの知己をもつ研究者にそこまで思わせるロシアとは、一体、どんな国なのか。誤作動で発射をまぬがれた核ミサイル。日常の出来事となった反体制者の暗殺。世界最悪の飲酒大国。悪魔への奇妙な共感。消えない「プーチン偽者」説。さもしい都市モスクワ…現地を旅し、不条理に絶望し、怒り、戸惑い、ときに嗤いつつ描く、新しいロシア論。

目次

核ボタンはついに押されたのか!?
暗殺社会ロシア
「ひたすら祈る」―魔窟からの脱出
倒錯する日常生活
決して信じるな―ロシア人は嘘八百
「偽プーチン」説の真相
飲まずにはいられない―世界最悪の飲酒大国
祖国を愛せないロシア人の悲哀
ロシアの二枚舌外交―ウラジオストクの北朝鮮労働者
モスクワのわるいやつら―さもしさがあふれる都市
暴走する親切心
絶望のロシア

著者等紹介

中村逸郎[ナカムライツロウ]
1956年生まれ。筑波大学人文社会系教授。学習院大学大学院政治学研究科博士課程単位取得退学。モスクワ大学、ソ連科学アカデミーに留学。2017年、『シベリア最深紀行』で梅棹忠夫・山と探検文学賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。