新潮新書<br> コンビニ外国人

個数:
電子版価格 ¥836
  • 電書あり

新潮新書
コンビニ外国人

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2023年12月07日 13時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 224p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784106107672
  • NDC分類 366.8
  • Cコード C0236

出版社内容情報

なんでこんなに増えたの? ふだんは何をしてるの? 知られざる隣人たちの実情とは――。1部屋で8人暮らし?! 東大院生もいる? 彼らの実情は。全国の大手コンビニで働く外国店員はすでに4万人超。20人にひとりの割合だ。実は世界第五位の「外国人労働者流入大国」日本。知られざる隣人たちの実情とは?

芹澤 健介[セリザワ ケンスケ]
著・文・その他

内容説明

全国の大手コンビニで働く外国人店員はすでに四万人超。実にスタッフ二十人に一人の割合だ。ある者は東大に通いながら、ある者は八人で共同生活をしながら―彼らはなぜ来日し、何を夢見るのか?「移民不可」にもかかわらず、世界第五位の「外国人労働者流入国」に日本がなったカラクリとは?日本語学校の危険な闇とは?丹念な取材で知られざる隣人たちの切ない現実と向き合った入魂のルポルタージュ。

目次

第1章 彼らがそこで働く理由
第2章 留学生と移民と難民
第3章 東大院生からカラオケ留学生まで
第4章 技能実習生の光と影
第5章 日本語学校の闇
第6章 ジャパニーズ・ドリーム
第7章 町を支えるピンチヒッター
おわりに―取材を終えて

著者等紹介

芹澤健介[セリザワケンスケ]
1973(昭和48)年、沖縄県生まれ。横浜国立大学経済学部卒。ライター、編集者、構成作家。NHK国際放送の番組制作にも携わる。長年、日本在住の外国人の問題を取材してきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 5件/全5件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

修一郎

134
2018/5月に伊藤洋一さんがラジオで解説してた本。コンビニで外国人が働くているのは普通の光景になった,ところで彼らの出処はどこだ,という素朴な疑問から,外国人労働者の実態を紐解いていった丁寧な本だ。現地ブローカーと日本人学校が手を組んで大儲けする問題点も明らかにしている。2019/4より外国人労働者の雇用や生活を支援する出入国在留管理庁が発足した。外国人労働者受け入れ事情も変わりつつある。留学生アルバイトに限らずちゃんとした人材として外国人を迎い入れて国の活力を維持するというスタンスは守るべきだと思う。2019/12/08

えちぜんや よーた

128
コンビニに行くとレジスタッフがおおむね2人程度が常駐している。都心(大阪市内)の店舗に行くと2人ともアジア圏からの(たぶん)留学生というケースも珍しくなくなってきた。「日本は稼げない国」だと認識されるようになったらおそらくエライことになるだろう。その点、北海道・東川町や埼玉県・川口市の芝園団地の取り組みは非常に参考になる。本書では紹介されていないが、西川口にある芝園団地の「ふるさと祭り」は非常に興味深い。もし読書メーターユーザーの方で埼玉県・川口市周辺に住んでいる方がいらっしゃれば意見を聞いてみたい。2018/08/26

kinkin

126
私の暮らす地方の街のコンビニでも外国人スタッフを見かける。この本は彼らがそこで働く理由、留学生として来日しどのように日本語を話せるようになるのか、また日本語学校の本来の目的とは違う闇の面や日本の風俗産業で働くようになったひとについても書かれていた。日本という国はこれから猛烈な勢いで人口が減少するとともに高齢者の数もどんどん増える。当然働き手が減る。その中で法律が改正され外国人労働者を今異常に受け入れようとしている。そこで問題になるのが労働環境だ。しっかりとした安全・福祉面を整備することが急務だと感じた。2019/01/17

どんぐり

82
2008年からスタートした留学生30万人計画。留学生と言いながら、実態は期間限定の外国人労働者。日本語学校に通いながら全国のコンビニで働いている外国人のなんと多いことよ。2017年に大手3社だけでも4万人超、全国平均でみるとスタッフ20人に1人が外国人だ。その実態に迫ったのが本書のルポルタージュ。日本語学校に通う外国留学生がコンビニで働く理由は「コンビニのバイトは対面でお客さん話す機会が多いので日本語の勉強にもなる」「学費を稼ぐには働かないといけないし、進学できずに留学生でなくなれば、(在留資格がなくなっ2019/05/20

なかしー

64
外国人留学生、母国の家族のために借金をして稼ぎにくる外国人労働者、週28時間労働の壁、 日本語学校の乱立、国の管理がなかなかうまく行かい現状、教師もほとんど給与が与えられず、一部の経営者が甘い密を吸う仕組み、夢を追う学生とそれを食い物にしようとする周りの大人達の思惑、不法労働の蔓延、人手不足日本が依存する外国人労働者、「技能実習生」と言う輝かしい理想と相反する現実、搾取され使い捨てられる労働力 今安倍政権が進める「外国人労働者受け入れ」に関する現状を浮き彫りにした作品となっている。2019/10/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12818665
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。