新潮新書<br> 三島由紀夫の言葉 人間の性

個数:

新潮新書
三島由紀夫の言葉 人間の性

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月23日 18時40分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 203p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784106106453
  • NDC分類 917
  • Cコード C0295

内容説明

四十五年の生涯で膨大な作品を残した三島由紀夫。その思考・感性は今なお生々しく、人間の本質や世間の心理を鋭く衝く。「やさしさは大人のずるさと一緒にしか成長しない」「贅沢と無い物ねだりだけが芸術を生む」「流行は最上の隠れ蓑である」「うそが恋愛では一番誠実な意味を持つ」…。彼はこの世界をどう見ていたのか。恐ろしいほど鋭く、狂おしいほど美しい。三島研究の第一人者が厳選した至極の名言集。

目次

1 男女の掟(二人が恋に落ちる時;性欲は愛か罪悪か;男と女は別の生き物)
2 世間の理(人の間に悪意は潜む;社会に棲むルール;時代が求めた偶像)
3 人間の性(美しく恐ろしき若者よ;肉体にこそ真実はある;精神を司るものは何か)
4 芸術の罠(文を綴り味わう者へ;表現の欲求と効用)
5 国家の檻(われら衆愚の政治;あの戦争が見せた風景;日本人の魂の在処)

著者等紹介

佐藤秀明[サトウヒデアキ]
1955(昭和30)年生まれ。立教大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学。近畿大学文芸学部教授。三島由紀夫文学館・運営委員会研究員を務め、『決定版三島由紀夫全集』(新潮社)の編集に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

恐ろしいほど鋭く、狂おしいほど美しい――三島由紀夫の全作品から厳選した至極の名言集。

恐ろしいほど鋭く、狂おしいほど美しい――。わずか45年の生涯で膨大な作品を残した三島由紀夫。その類稀なる知性と感性はいかなるものだったのか。人間の本質、世間の真理、芸術の真髄を衝く至極の名言集。