新潮新書<br> 「法令遵守」が日本を滅ぼす

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり

新潮新書
「法令遵守」が日本を滅ぼす

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月04日 12時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 190p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784106101977
  • NDC分類 335.15
  • Cコード C0236

出版社内容情報

閉塞感、事なかれ主義、蔓延する弊害の数々……。あなたの会社もコンプライアンス病?

内容説明

「申し訳ございません。違法行為を二度と起こさないよう、コンプライアンスを徹底いたします」とは、不祥事を起こした際の謝罪会見での常套句。だが、こうした「コンプライアンスとは単に法を守ること」と考える法令遵守原理主義そのものが、会社はおろか、この国の根幹をも深く着実に蝕んでいるのだ。世の中に蔓延する「コンプライアンス病」の弊害を取り上げ、法治国家とは名ばかりの日本の実情を明らかにする。

目次

第1章 日本は法治国家か
第2章 「法令遵守」が企業をダメにする
第3章 官とマスコミが弊害を助長する
第4章 日本の法律は象徴に過ぎない
第5章 「フルセット・コンプライアンス」という考え方
終章 眼を持つ組織になる

著者等紹介

郷原信郎[ゴウハラノブオ]
1955(昭和30)年島根県生まれ。東京大学理学部卒。東京地検特捜部、長崎地検次席検事などを経て、2005年から桐蔭横浜大学法科大学院教授、同大学コンプライアンス研究センター長。警察大学校専門講師、防衛施設庁や国土交通省の公正入札調査会議委員なども務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

てつのすけ

38
法令遵守、いかにも聞こえのいい言葉だ!この言葉を金科玉条のように使い、本来の法の主旨を歪めているのがマスコミだろう。マスコミも、NHKを除き利益を追求する企業だ。このことを考えると、視聴率がとれる番組、読者が喜ぶ記事が増えるのは当然だろう。我々は、本来の法の主旨を理解し、自分で考え判断できる能力を身に付けなければならない。このようなことを考える一冊だった。2019/11/21

こも 零細企業営業

23
カルロスゴーン、桜を見る会などでよく解説をしている郷原さんの本。法令遵守。契約書とかに書いてある言葉だが・・ 法令遵守してたら違法な残業代不払いがあるはずが無い。 でも、現に蔓延ってる。日本は法治国家のはずだが、憲法違反の罰則は無い。法令遵守という言葉が破る奴等の言い逃れへの方便に使われている。国会では最近頻発する言葉でもある。 軽いよな。。 2020/02/13

さきん

23
「申し訳ございません。違法行為を二度と起こさないよう、コンプライアンスを徹底いたします」とは、不祥事を起こした際の謝罪会見での常套句。だが、こうした「コンプライアンスとは単に法を守ること」と考える法令遵守原理主義そのものが、会社はおろか、この国の根幹をも深く着実に蝕んでいるのだ。世の中に蔓延する「コンプライアンス病」の弊害を取り上げ、法治国家とは名ばかりの日本の実情を明らかにする。 2016/01/20

ちくわん

17
2007年1月の本。談合、ライブドア、村上ファンド、耐震強度偽装、パロマ工業。タイトルは「今、日本で行われている法令遵守は、本質的な誤りがあるので、このままでは日本の法制度が滅びかねないことに対する考察」あたりでは。日本は法治国家ではあるが、法づくり・運用が不得意。人材不足。だから、こうなった。腑に落ちない。2021/07/23

HMax

10
「法令遵守が日本を滅ぼす」その通り。現状に合わない法律に無理やり合わすために途方もない手間とコストを費やして、杓子定規な対応をする。一体何のため、誰のための法令遵守なのか。「最低価格自動落札方式」明治22年から変わらない法律。「手段」が「目的」になってしまって、金科玉条のように「法律」を守り、変えようとしない。何のための法律なのか。談合の話が面白く、戦後は非常に合理的な手段だったんですね。2016/11/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/524279

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。