新潮新書<br> タカラジェンヌの太平洋戦争

電子版価格 ¥648
  • 電書あり

新潮新書
タカラジェンヌの太平洋戦争

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 220p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784106100758
  • NDC分類 775.4
  • Cコード C0221

内容説明

華やかなその世界も、死と隣り合わせていた―。音楽学校に学ぶ乙女たちの青春とは。舞台を奪われ、緑の袴がモンペに替わったタカラジェンヌたちの心を支えたものは。「歌劇」「宝塚歌劇脚本集」「宝塚年鑑」には何が記されていたか。熱烈なファンがその目で見たものとは。宝塚大劇場はなぜ閉鎖され、いかにして再開されたのか。貴重な証言と資料から浮かび上がる「もう一つの昭和史」。

目次

第1章 小林一三の夢
第2章 「軍国女学生」の青春
第3章 『翼の決戦』を客席から
第4章 東亜の子供達
第5章 緑の袴からモンペへ
第6章 銃後の合唱
第7章 ロケットふたたび

著者紹介

玉岡かおる[タマオカカオル]
1956(昭和31)年兵庫県生まれ。作家。神戸女学院大学文学部卒業。『夢食い魚のブルー・グッドバイ』(1987年神戸文学賞)でデビュー。2000年加古川市特別文化賞を受賞