新潮選書<br> 尊皇攘夷―水戸学の四百年

個数:
電子版価格 ¥2,200
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

新潮選書
尊皇攘夷―水戸学の四百年

  • 片山 杜秀【著】
  • 価格 ¥2,200(本体¥2,000)
  • 新潮社(2021/05発売)
  • ウェブストア限定 全点ポイント5倍キャンペーン(6/24~6/28)※店舗受取はキャンペーン対象外※
  • ポイント 100pt
  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文はお受けできません。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6変判/ページ数 476p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784106038686
  • NDC分類 121.58
  • Cコード C0395

出版社内容情報

幕府を倒し、この国を近代に導いたのは血塗られた思想である水戸学だった! 徳川光圀から三島由紀夫まで、系譜をすべて解き明かす。

内容説明

日本を近代国家に導いた「尊皇」感情の起点はどこにあるのか?「水戸黄門」徳川光圀が『大日本史』の編纂事業に着手し、天皇に理想国家の具現を見た中国人儒者・朱舜水を師と仰いだのが始まりだった。幕末、挙国一致の攘夷を説く水戸学の過激派・会沢正志斎の禁書『新論』が吉田松陰などの志士を感化し、倒幕熱が一気に高まる。大政奉還の主役は徳川斉昭の息子・慶喜。そして、三島由紀夫の自決も「天狗党の乱」に端を発していた…。

目次

第1章 水戸の東は太平洋
第2章 東アジアの中の水戸学
第3章 尊皇の理念と変容
第4章 攘夷の情念と方法
第5章 尊皇攘夷の本音と建前
第6章 天狗大乱
第7章 「最後の将軍」とともに滅びぬ
エピローグ 三島由紀夫の切腹

著者等紹介

片山杜秀[カタヤマモリヒデ]
1963年仙台市生まれ。政治思想史研究者、音楽評論家。慶應義塾大学法学部教授。慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程単位取得退学。『音盤考現学』および『音盤博物誌』で吉田秀和賞、サントリー学芸賞を受賞。『未完のファシズム』で司馬遼太郎賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぐうぐう

36
尊皇攘夷という思想の起点である水戸学の四百年を検証する。徳川光圀の、兄を差し置き藩主になった負い目が尊皇という感情とマッチしたことで始まった水戸学は、そもそもが屈折していた学問とも言える。例えば南北朝時代という屈折をどう捉えるか、どこに道理を求め、筋を通すか、義にこだわる光圀が考えに考え込むにつれ、屈折はやはりエスカレートするのだ。しかし屈折した感情は、それを正当化しようとするあまり、思い込みを助長させる。正しさ(という思い込み)が何にも勝るのだ。(つづく)2021/11/11

いーたん

25
天狗党について、恥ずかしながら大河ドラマで知る。たまたまその頃、北陸に出かけた時、天狗党の足跡についても知る。そして、この本を図書館で見つけて読んでみた。水戸学の成立ちと水戸藩の位置付けもさることながら、反射炉や三島由紀夫のご先祖などが絡まりながら幕末の混沌とした様子、水戸藩のやるせなさを著者の熱い語り口でぐいぐい読めていきました。武田耕雲斎についての言及ももちろんあるものの、福井で散った天狗党の終焉についてはかなりあっさりふれられただけでした。そこ、興味あったのですが笑。2021/07/18

20
水戸支藩の藩主松平頼徳は天狗党の乱を鎮めるため水戸に派遣されたが、攘夷の志を果たせず、幕府朝廷水戸藩全てに裏切られ、責を取る形で討伐軍、諸政党に散々に野次られる衆人環視の中、介錯なしで切腹させられた。彼は三島由紀夫の曾祖叔父にあたる。そして三島由紀夫も市谷駐屯地で同じような最期を遂げる。もうこれだけで物語として完璧だし、読み物としてとても面白いんだけど、選書や新書ではないんだよねこの本。文末大量に記された参考文献のような水戸学についての本が読みたかったので、求めてたものとは違う。ただ物語として完璧。2021/08/15

kuukazoo

13
尊皇攘夷ってそもそも何だったのか知りたくて読んでみたが...400ページを超えるボリュームで、面白いんだけど繰り返しや迂回して本論に入る展開や著者独特の節回しがくどすぎてそこでお腹いっぱいになってしまった。しかし水戸黄門で知られる徳川光圀が水戸学の祖であったことも水戸学の成り立ちも水戸藩の特異な立ち位置も天狗党の乱の詳細も知らなかったので大変勉強になった。維新を推進した尊皇攘夷思想は過激化したせいで否定されたけど結局生き残って日本を戦争に駆り立てる原動力となったことは興味深い。2021/12/25

Hiroo Shimoda

11
幕藩体制の中でなぜ尊皇の思想が生まれたのか、なぜ攘夷に繋がるのか、なぜ現実から離れたイデオロギーとして暴走したのか、よく分かる。大河ドラマのおかげでキーパーソンの烈公のイメージもし易い。2021/11/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17925868

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。