新潮選書<br> いま蘇る柳田國男の農政改革

個数:
電子版価格 ¥1,408
  • 電書あり

新潮選書
いま蘇る柳田國男の農政改革

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年12月06日 10時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 364p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784106038228
  • NDC分類 611.1
  • Cコード C0361

内容説明

かつて農商務省の官僚だった柳田國男は日本の農業の弱点を見抜き、改善策を次々打ち出した。が、その思いは時の体制に葬られ、志を継ぐ後輩たちも、やがて忘れ去られた。国際競争力はおろか、高い関税で命脈を保たれる今日の農業。近現代を貫いて横たわる農政の病とは何か?柳田が見出した希望の策を現代に蘇らせる。

目次

第1章 柳田國男が見た日本の農業
第2章 理想主義的農業の挫折と明治農法
第3章 地主制が要求した高米価と小農
第4章 柳田國男の登場―日本経済思想史上の一つの奇跡
第5章 柳田國男の具体策
第6章 柳田農政学を継ぐ官僚たちの戦い
第7章 農林官僚による地主制打倒
第8章 地主制から農協制へ
第9章 理想的農政の敗北
第10章 農業を壊すもの
第11章 蘇る柳田農政学

著者等紹介

山下一仁[ヤマシタカズヒト]
キヤノングローバル戦略研究所研究主幹、経済産業研究所上席研究員。1955年岡山県生まれ。1977年東京大学法学部卒業、同年農林省入省。農林水産省ガット室長、欧州連合日本政府代表部参事官、農林水産省地域振興課長、農村振興局整備部長、同局次長などを歴任。2008年農林水産省退職。1982年ミシガン大学応用経済学修士、行政学修士。2005年東京大学農学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

元農商務省官僚「柳田國男」が目指した健全な農業経営。が、その理想は葬り去られた。近代農業の闇を暴き、柳田を再評価する問題作。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件