新潮選書<br> 山崎豊子と“男”たち

個数:
電子版価格 ¥1,144
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

新潮選書
山崎豊子と“男”たち

  • 大澤 真幸【著】
  • 価格 ¥1,430(本体¥1,300)
  • 新潮社(2017/05発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 26pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月22日 11時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 240p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784106038075
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0395

出版社内容情報

山崎豊子は、戦後日本の文学にあって「ほんものの男」を描きえた唯一の作家であった。三島らと比較しながら、その真の理由に迫る!なぜ、山崎豊子だけが、本物の〈男〉を描くことができたのか? 『白い巨塔』『大地の子』『沈まぬ太陽』……。人気作品を読み解きながら、また三島由紀夫、井上陽水、谷崎潤一郎、松本清張、カント、鶴見俊輔、さらに半沢直樹とも比較しつつ、誰も気がつかなかった、〈男〉たちの秘密を明かす。戦後日本が解決出来ず、今に続く様々な難問を解く鍵が、「山崎文学」の中にあった!

大澤 真幸[オオサワ マサチ]

内容説明

『白い巨塔』『大地の子』『沈まぬ太陽』…。デビュー作から遺作まで、各作品を読み解きながら、また三島由紀夫、井上陽水、谷崎潤一郎、葉隠、松本清張、カント、三浦綾子、鶴見俊輔、更に半沢直樹とも比較しつつ、誰も気がつかなかった、「男たち」の秘密を明かす。戦後日本が解決出来ず、今に続く様々な難問を解く鍵は、「山崎文学」の中にあった!

目次

男を書いた女
彼女は、なぜ白い喪服を着たのか
勲章はどちらに渡されたのか
船場の四人姉妹の運命
最初のほんものの男は悪だった
男の定義
悪い「男」と罪のない「女」
不毛地帯の上で
祖国なき敗者
「大地の子」になる
太陽の光は遍く
反復による成熟
新たなる約束

著者等紹介

大澤真幸[オオサワマサチ]
1958年、長野県松本市生まれ、社会学者。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得満期退学。社会学博士。千葉大学文学部助教授、京都大学大学院人間・環境学研究科教授を歴任。専門は理論社会学。2007年、『ナショナリズムの由来』で毎日出版文化賞を、2015年、『自由という牢獄―責任・公共性・資本主義』で河合隼雄学芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ころこ

13
本書では山崎豊子の作品から、日本の戦後における男とはどういった存在でいたのかを問うた評論です。山崎豊子の作品を全く読んでいなくても、取り上げられた全ての作品のプロットを丁寧に解説してくれていますし、筆の運びもゆっくりで、誰でも気軽についていくことが出来ます。著者の評論は随分前に数冊読み、最近短い雑誌や新書の論文を読んだ切りでしたが、本書から受ける印象はそれらと違い、随所にそれまでのまとめが入っており、多少読み飛ばしても介助してくれる丁寧さです。反面、今まで受けていた印象よりもずっと迂遠で、結論がどこに向か2017/06/10

加藤晶也

2
山崎豊子の作品に登場する「男」の共通項や変遷を時代背景や山崎氏の問題意識などとともに読み解いていく評論。作品を読んでなくてもあらすじが紹介されてるので理解はできるが白い巨塔、華麗なる一族、戦争三部作あたりを読んでないとあまり理解できないんじゃないか、と。個人的には異論反論ありつつも納得感があり、久しぶりに改めて山崎作品読みたくなってしまった。2017/07/16

加藤晶也

2
山崎豊子の作品に登場する「男」の共通項や変遷を時代背景や山崎氏の問題意識などとともに読み解いていく評論。作品を読んでなくてもあらすじが紹介されてるので理解はできるが白い巨塔、華麗なる一族、戦争三部作あたりを読んでないとあまり理解できないんじゃないか、と。個人的には異論反論ありつつも納得感があり、久しぶりに改めて山崎作品読みたくなってしまった。2017/07/16

生魚

2
この本を読み進めるうちに、大澤真幸の時代に対する鋭敏な感覚と気迫溢れる筆致を、山崎豊子も持っているような気がし、その感覚と筆致とを味わいたく思い、「二つの祖国」第1巻を購入した。2017/07/02

まると

1
山崎作品に登場する〈男〉たちのカッコよさの秘密を、著者の戦後精神史論を軸に、立体的に読み解くユニークな試み。山崎さんは大好きな(というより大変勉強させられた)作家の一人だが、彼女の作品をよもやカントまで持ち出して論評してしまうとは…。面白く読めたし、創作に役立つヒントも大いにもらった気もするが、山崎作品のみならず、谷崎潤一郎や松本清張、三浦綾子ら昭和の大衆作家の代表作のあらすじが容赦なくバラされているので、一連の作品を未読の方は注意が必要。2018/06/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11778541

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。