新潮選書<br> 豊臣大坂城―秀吉の築城・秀頼の平和・家康の攻略

個数:
電子版価格 ¥1,232
  • 電書あり

新潮選書
豊臣大坂城―秀吉の築城・秀頼の平和・家康の攻略

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月24日 14時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 310,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784106037665
  • NDC分類 210.48
  • Cコード C0321

出版社内容情報

大坂の陣から四百年。四度の大工事で変貌した天下無双の巨城は、城下の繁栄を謳歌しながら、最終的にいかに攻め落とされたのか。

大坂の陣から四百年。天下の名城はどのように作られ、いかに落城したか。豊臣秀吉は四度の工事を経て、自らの根城を惣構えで固めた難攻不落の巨城へと変貌させた。秀頼統治下の大坂は「パクス・オーザカーナ」ともいうべき繁栄を謳歌するが、徳川豊臣二重公儀体制のバランスが崩れた時、両軍は激突、城は灰燼に帰した。その城内の様子や真田丸などの堅固な防御を、考古学的発見と歴史的文献を駆使して再現する。

内容説明

天下人・秀吉は四度の工事を経て、自らの根城を鉄壁の防御を施した巨城へと変貌させた。秀頼統治下の大坂は「パクス・オーザカーナ」とも言うべき繁栄を謳歌するが、徳川豊臣二重公儀体制の危ういバランスが崩れた時、両軍は激突、城は灰燼に帰した。四百年を経た今、賑わう城下の様子や真田丸など大坂の陣での戦闘の実情が発掘資料と歴史的文献から甦る。

目次

第1章 秀吉の大坂築城
第2章 惣構え堀の掘削
第3章 慶長大地震と町中屋敷替え
第4章 関ヶ原合戦後の政治体制―「太閤様御置目の如く」
第5章 秀頼の「パクス・オーザカーナ」
第6章 大坂の陣に至った経緯
第7章 方広寺鐘銘事件
第8章 冬の陣と真田丸
第9章 和議と城堀破却
第10章 夏の陣と落城

著者等紹介

笠谷和比古[カサヤカズヒコ]
1949年神戸生まれ。京都大学文学部卒業。同大学院博士課程修了。博士(文学)。国際日本文化研究センター教授を経て、帝塚山大学文学部教授。専門は歴史学、武家社会論

黒田慶一[クロダケイイチ]
1955年神戸生まれ。神戸大学経営学部卒業。同大学文学部大学院修士課程修了。(公益財団法人)大阪市博物館協会大阪文化財研究所学芸員を経て、城郭研究家。専攻は日本史学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

おぎわら

17
先日、出張時に大阪城を歩いてきて興味を持った。現在の大阪城は江戸時代になってから徳川幕府が築城したもので豊臣時代の遺構はすべて地中深くに埋まっている。近年の発掘作業の成果も交えて初期大阪城の成立から夏の陣の落城までを描くが、発掘成果の部分はちょっとマニアック、かつ大阪の地理に相当詳しくないと読みにくい。それと別にこの間の歴史経緯が語られるが通説とちょっと角度を変えた見方が提示されている。二重公儀体制という見方はなかなか説得力を持つ。大阪の陣に至る家康の胸中の見方は山岡荘八の徳川家康に通じるものではないか。2017/12/10

さつき

16
大河ドラマ真田丸への期待を胸に読みました。従来言われている説とは違う見解が数件語られていて興味深かったです。一つは関ヶ原の合戦後の豊臣と徳川の二重公儀体制について。また、方広寺鐘銘事件についても徳川方の言いがかりではなく、意図して国家安康の文字が入れられていたとのこと。冬の陣後の惣堀の埋め立てについて。徳川方が無理矢理にやったと広く言われていますが、和議の条件として含まれ豊臣方も了承していただろうと。従来の説によると徳川家康がひどい悪役になっていますが、見方が変わると印象も違いますね。2016/01/03

パトラッシュ

15
秀吉の大坂城が何期にも分けて建てられていく状況や、朝鮮陶磁器など関連史実の話は非常に面白かった。また、家康が秀頼との東西二重公儀体制を志向していたとの説も考えさせられる。確かにそうでなくては豊臣恩顧の外様が西国に集中する関が原後の大名配置図は理解できないし、秀頼時代の大坂の繁栄も当然か。しかし、天下の完全掌握に近付いたのを自ら放棄するなどあり得ず、老いを意識した家康が豊臣滅亡へひた走る心理も納得できる話だ。後半では他に類例がないほど大坂冬と夏の陣を詳細に描いていて、下手な小説より夢中になるほど見事だった。2020/02/10

浅香山三郎

13
笠谷さんには『関ヶ原合戦と大坂の陣』(戦争の日本史シリーズ)といふ著書があり、本書はその叙述を加筆強化されてゐる。大坂の陣の経過をこれだけきちんと書いた本は他にないのではないか。大坂の陣が豊臣・徳川の総力戦であり、豊臣方の武士たちにとつては文字通り最期の奮闘がかなりの戦果を挙げてゐたことがわかる。黒田さんは、過去の豊臣大坂城に関する学説を実際の発掘成果によつて検討。秀頼期の大坂城と城下の改造の様子がよくわかる。私も本書の舞台の幾つかを歩いたこともあるので、土地勘も多少あるが、本書は地図が多いのが有難い。2016/12/12

たくのみ

12
日本一の城として完成したのに崩れ去った大坂城。隠されていたその真実を探り出す労作。最近の歴史研究の成果が盛り込まれている大河ドラマ「真田丸」では、合戦より城づくり、防衛に重点が置かれていたのも、うなづける。せまる「真田と伊達のドリーム対決」そして生まれた「真田神話」。後半の最大の見せ場の舞台裏を一足早く読める本です。2016/08/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9672980

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。