新潮選書<br> 日本の感性が世界を変える―言語生態学的文明論

個数:
電子版価格 ¥1,144
  • 電書あり

新潮選書
日本の感性が世界を変える―言語生態学的文明論

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 261p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784106037566
  • NDC分類 304
  • Cコード C0395

出版社内容情報

論争より情緒、対決ではなく融和。日本文明の特性が、今こそ求められている。世界の危機を見据え、卓抜な発想で語る日本人の使命。

論争より情緒、対立でなく融和。世界には「日本らしさ」が必要だ。言葉と文化、自然と人間の営みに深い思索を重ねてきた著者が、世界の危機を見据えて語る《日本人の使命》とは? 外国人が日本語を学ぶとなぜか礼儀正しくなる「タタミゼ効果」の不思議や、漢字に秘められた意外な力、そして日本の共生的自然観を西欧文明と対比させつつ、繊細だが強靱なこの国の感性を文明論として考える。

内容説明

ことばと文化、自然と人間の営みに深い思索を重ねてきた著者が、世界の危機を見据えて語る“日本人の使命”とは。外国人が日本語を学ぶとなぜか礼儀正しくなる「タタミゼ効果」の不思議や、漢字に秘められた意外な力、持続可能社会だった江戸時代の豊かさ、そして日本人の世界観を西欧文明と対比させながら、小さくとも強靭な日本の感性を文明論として考える。

目次

序章 世界の主導文明の交代劇が今、幕を開けようとしている
第1章 全生態系の崩壊を早める成長拡大路線はもはや不可能
第2章 日本の感性が世界を変える―日本語のタタミゼ効果を知っていますか
第3章 鎖国の江戸時代は今後人類が進むべき道を先取りしている
第4章 今の美しい地球をどうしたら長期に安定して持続させられるか
第5章 自虐的な自国史観からの脱却が必要
第6章 日本語があったから日本は欧米に追いつき成功した
第7章 日本語は世界で唯一のテレビ型言語だ
第8章 なぜ世界には現在六千種もの異なった言語があるのだろうか

著者等紹介

鈴木孝夫[スズキタカオ]
慶応義塾大学名誉教授。1926年、東京生。同大文学部英文科卒。カナダ・マギル大学イスラム研究所員、イリノイ大学、イェール大学訪問教授、ケンブリッジ大学(エマヌエル、ダウニング両校)訪問フェローを歴任。専門は言語社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁冊

41
相変わらずの独創的鈴木節。私は人間だけがこの世界で特別の、他の生物一切から隔絶した特権的な地位を占める存在ではないと確信しています(9頁)。水琴窟:廃水を利用する究極の省エネ型の、音を楽しむ装置が江戸時代に開発(79頁)。重要なことは、とにかく詩作活動と呼べるものに、多くの日本国民が、今でも何らかの形で自発的に自分の時間を割いているというころ、それ自体が驚くべきこと(81頁)。2017/02/12

しんこい

9
まだ新たな著作が読めるとは思いませんでした、日本こそが世界を変えられるという論も、この著者の言うことなら信じたくなりますが、それよりも文化が環境に合わせる緩衝地帯となり生物としての人間は変わらず世界中にひろがっているとか、動植物の多様性が失われるのと、言語の多様性が失われるのと原因は同じ根っことか、そんな発想を楽しむだけにしたい。2015/01/07

Nobu A

6
鈴木孝夫先生著書6冊目。筆者著書をそれなりに読んでいないと独創的で多少面食らうかも。相変わらずの鈴木節炸裂。自然破壊に歯止めが掛からないグローバリゼーションの対抗策に日本語を含めた日本文化を広めることを提唱。恐らく誰にでも経験がある「タタミゼ効果」を援用し、自然征服の西洋文明でなく自然調和の東洋文明を日本から発信する必要性。該博故にか、話が時折四方八方に飛ぶが、パプア族や菌塚の例等、とても興味深い。ただ、盆栽や家畜も人為的で矛盾を感じる。「大学とは本来(学問でなく)人間とは何ぞやを探求する場」が心に響く。2020/07/09

くま

4
タイトルとは関係なく なぜ日本が戦争を始めたのか? アジア諸国は全員日本を恨んでいるのか?など、日本の戦後教育における歴史教育のあり方に疑問をもつようになった。 日本人としてのトラウマはこの歴史教育から生まれている気がする。だから、日本を愛し、自信をもって国際社会に発信できない日本人が多いのかもしれない。 世界で唯一被爆国で、広島に住んでいるからこそもう少し明治維新以降について、日本史を勉強しなおしたくなった。2017/05/31

しまっち。

4
著者の本は初めて読んだ。興味深い事がたくさん書かれていたので、過去の著作もいろいろ読んでみたくなった。自分としては、世界を変える云々はともかく、世界と切り離された期間を経て保たれた日本人の根底に流れている感覚が今崩れかけていて、今教育を受けている若い世代は古くからの日本の感性を感じ、持ちつつも、大人世代が西洋かぶれとなっていて日本に対し自虐的でもあり、その狭間で混迷してしまっているのではなかろうか、と読み進めながら感じた。自分が日本をどう捉えているかも曖昧なんだな、という事も自覚した。2015/01/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8243007

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。