新潮選書<br> 強い者は生き残れない―環境から考える新しい進化論

個数:
  • ポイントキャンペーン

新潮選書
強い者は生き残れない―環境から考える新しい進化論

  • 吉村 仁【著】
  • 価格 ¥1,430(本体¥1,300)
  • 新潮社(2009/11発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 26pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月18日 21時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 251p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784106036521
  • NDC分類 467.5
  • Cコード C0345

出版社内容情報

「最適」より「そこそこ」が進化する!
果たして、今までどんな生物が地球上で生き残ってきたのか? 新進化理論「環境変動説」では「最強」ではなく「順応」と「協力」できる者だと言う。ならば、一人勝ちを許す現代資本主義の行く末はどうなるのか?

内容説明

約40億年という生物史を振り返ると、生き残っているのは「強い者」ではなかった。ダーウィンの進化論にはなかった、「環境は変動し続けるもの」という斬新な切り口から、「協力行動」という生命の生き残り戦略に注目する。終章では自由市場主義の瑕疵まで論及。ダーウィン進化論にはじまり、総合学説に発展した現代進化論に、いま「環境変動説」が加わる。

目次

第1部 従来の進化理論(ダーウィンの自然選択理論;利他行動とゲーム理論;血縁選択と包括適応度;履歴効果;遺伝子の進化と表現型の進化)
第2部 環境は変動し続ける(予測と対応;リスクに対する戦略;「出会い」の保障;「強い者」は生き残れない)
第3部 新しい進化理論―環境変動説(環境からいかに独立するか;環境改変;共生の進化史;協力の進化;「共生する者」が進化する)

著者等紹介

吉村仁[ヨシムラジン]
1954年、神奈川生まれ。ブリティッシュ・コロンビア大学研究員、インペリアル・カレッジ個体群生物学センター研究員などを経て、静岡大学創造科学技術大学院教授およびニューヨーク州立大学併任教授、千葉大学客員教授。専門は数理生態学で、主に進化理論を研究している。1987年に発表した環境不確定性の論文が、進化理論研究の第一人者、英国のメイナード・スミスらが書いた『Nature』レビューに引用され欧米で一躍注目を集めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。