新潮選書
創られた「東京裁判」

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 243,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784106036453
  • NDC分類 329.67
  • Cコード C0331

出版社内容情報

勝者は、いかなる理由で「事後法」を打ち立ててまで敗者を裁こうとしたのか。その動機はどこにあり、どのような経過を辿って裁判は幕を開けたのか。綿密な考証で真相に迫る。

内容説明

20世紀前半、国家指導者に求められた資質とは、領土を拡大する政治・軍事的手腕の高さであった。そして、だからこそ「国際法」は強国が世界を意のままにするための方便でもある。では、敗戦国・日本を「犯罪国家」として裁くために、連合国はどのような国際法を新たに編み出したのか。そのプロセスの全貌に初めて迫る驚愕の書。

目次

「東條を逮捕させろ!」(1946年9月11日)
「主要戦争犯罪人」という概念(1941年~44年)
「国際軍事法廷」という発想(1944年4月~45年2月)
「平和に対する罪」という新犯罪類型(1945年2月~8月)
先行する「ニュルンベルク」との整合(1945年8月~9月)
「降伏条件は契約ではない!」(1945年9月)
ワシントンからの「戦犯容疑者リスト」(1945年9月)
猛反発するマッカーサー(1945年9月~11月)
ようやく「逮捕令」相次ぐ(1945年11月~12月)
近衛文麿「自殺」の衝撃(1945年11月~12月)
「ヒロヒト」戦犯指名の衝撃(1945年12月~46年1月)
「極東国際軍事裁判憲章」の検討(1946年1月~2月)
起訴されたA級容疑者たち(1946年~48年)

著者等紹介

竹内修司[タケウチシュウジ]
1936年生まれ。東京外国語大学を卒業後、文藝春秋に入社し、雑誌・書籍の編集に携わる。2000年、退社。文教大学情報学部教授を経て、現在はフリー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ケニオミ

9
特定のグループ、特定の民族に対して凶悪な犯罪を行ったナチを断罪するニュルンベルク裁判を行ったが故、同盟国の日本に対しても行うことになったのが東京裁判だという印象を受けました。自国民に対するスターリンによる粛清は内政干渉になり、戦時中であってもアメリカによる日本人に対する強制収容は後に「誤り」だけになる。矛盾を感じるのは僕だけだろうか。2017/10/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/491440

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。