新潮選書<br> 謎とき『カラマーゾフの兄弟』

個数:

新潮選書
謎とき『カラマーゾフの兄弟』

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年03月03日 15時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 304p/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784106004018
  • NDC分類 983
  • Cコード C0398

内容説明

ドストエフスキー最後の、未完の大作に秘められた謎をスリリングに解き明かす。大反響をよんだ『謎とき「罪と罰」』に続く第二弾。

目次

1 “カラマーゾフ”という姓
2 黒いキリスト
3 好色な人たち
4 巡礼歌の旋律
5 薔薇と騎士
6 3と13の間
7 “蛇の季節”のなかで
8 白いキリスト
9 臆病なユダ
10 兄弟愛の表裏
11 心の広さと大きさと
12 実現しなかった奇跡
13 逆ユートピア幻想
14 実在する悪魔
15 “カラマーゾフ万歳!”

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

syaori

59
『カラマーゾフ』読了記念に。方言やロシアの民間信仰、宗派についてなど一介の読者には目配りできない部分の指摘もあり勉強になりました。興味深かったのが、イワンとスメルジャコフの関係の逆転劇が、農奴制の廃止を経た当時の「ロシアが体験していた『過渡期』の本質のもっともリアリスチックな表現」だったという指摘。これには物語の普遍的な側面を追うばかりで時代背景などに思いを致さなかった自分の読みの浅さを反省させられました。そのほかゲーテやヴォルテールの影響についてなど、『カラマーゾフ』の世界を深めてくれる楽しい本でした。2020/07/29

zirou1984

47
びっくりするぐらい面白い。キリスト教、特に新約聖書との対比や『白痴』から続く聖痴愚である登場人物、ロシア語の意味やその語源に至る考察といった至極真面目な話題から、アリョーシャむっつり説やそれ以上にアレだったドストさんと新妻の手紙の内容といった笑える内容まで、読みの可能性がてんこ盛り。「虫けらにすら―好色を!」匂い、特に悪臭というモチーフが全編を通じて使われており、それは反復を繰り返し一つの主題と化しているという指摘は興味深かった。こいつぁラマーゾフ万歳って言わずにいられませんや、へ、へ、へ!2016/06/09

aika

43
江川先生の推論のすべてが、本当に意図されたことだとしたら。大文豪の人智を超えた神業と、それを探求する果てなき大研究に驚嘆です。膨大なロシア語の語源や民話、神話、外国の説話を根拠とし、とめどない江川先生の謎ときを追うのに必死でしたが、最高に面白い!まさか私の大好きなラストシーンが最期の晩餐をなぞらえていて、実現しなかった第二の小説の重要で哀しい暗示がなされていたとはショックです。江川さんが中学生のときに初めて読んで、桜んぼのジャムの場面が一番印象に残ったとの回想は微笑ましくて、私も一緒だと嬉しくなりました。2020/02/19

Vakira

42
カラマから抜出せず、立読みしてたら面白くなってしまい購入。江川さんは自らカラマを翻訳し、集英社版で発行されている。現在、古本でamazonでは1万円もの値が付いている。読みたくなったが、高くて残念。自ら翻訳しているだけあって謎解きというより江川さん解釈。かなりディープ。カラマの題名設定根拠の解釈から始まる。これはカラマ好きには堪らない。そうでない人もそれなりに・・・。カラマの親父、兄弟、等主要登場人物の強烈なキャラの逸話は何度読んでも面白い。神は存在するのか?イワンの悪魔は存在したのか?2015/10/04

mm

30
雑誌「新潮」に15回に渡り連載されたものが元。雑誌の読者意識してかロシア語の知識が無いことは前提としてくれているようですが、キリスト教についての無知は仮定されていません。カラマーゾフの意味とロシア語から自然に連想されるもの、ゾシマ長老像の細かい所の書き込み追加、スメルジャコフは去勢派であったこと、イワンのアルコール中毒等々は見事な検証という感じ。ドストエフスキーもロシアの読者も皆知っているであろう巡礼歌が織り込まれているニュアンスを理解できないのは、母語と文化の厚い壁ですね。この世の事がすべて理論で解決→2019/03/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/470464
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。