こころという名の贈り物―続・自閉症だったわたしへ

こころという名の贈り物―続・自閉症だったわたしへ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 309p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784105268022
  • NDC分類 936
  • Cコード C0098

内容説明

こんにちは、感情よ。こんにちは、本当のわたし。そして、こんにちは、友達。大反響をよんだ『自閉症だったわたしへ』あのドナの、その後。自分を持つのは、苦しいこと。でも、「あるがまま」のわたしを見ていてくれて、ありがとう―前作の最後で、自分の病気の正体を知り、やっと自分自身と向かい合えたドナ。それからの彼女が、失われていた感覚や感情を、自分の力で、その意志と努力で、ゆっくりと、だが確実に、取り戻していく。他人に愛情を抱くまでになる、その感動的な歩み。

目次

帰郷
子どもたち
父の家、弟の家
新しい世界
教職免許課程
出版決定
レッスン
ミラー夫妻
あたたかい手
不思議な感情〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミカヅキカゲリ

4
定期的読み直し。 自分の世界を喪っても、社会に歩み寄りはじめたドナ。 わたしも今、途上にいる。 2013/06/16

ミカヅキカゲリ

1
前作からのドナの成長に胸を打たれる。続きがあると教えてくれた友人に感謝。2011/04/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/108059

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。