その名を暴け―#MeTooに火をつけたジャーナリストたちの闘い

個数:
電子版価格 ¥2,365
  • 電書あり

その名を暴け―#MeTooに火をつけたジャーナリストたちの闘い

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2021年09月26日 13時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 408p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784105071714
  • NDC分類 778.09
  • Cコード C0098

出版社内容情報

有名映画プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインの性的虐待の数々。その事実を炙り出し、世界を動かした調査報道の軌跡を描く。

目次

第1章 最初の電話
第2章 ハリウッドの秘密
第3章 いかに被害者を黙らせるか
第4章 好意的な評判を手に入れる
第5章 会社ぐるみの犯罪
第6章 「ほかにだれがオンレコで話してる?」
第7章 「動きがあるだろうな」
第8章 浜辺のジレンマ
第9章 「DCに行くという約束はできない」
終章 集まり

著者等紹介

カンター,ジョディ[カンター,ジョディ] [Kantor,Jodi]
「ニューヨーク・タイムズ」紙の調査報道記者。職場問題、その中でも特に女性の待遇について重点をおくとともに、2度の大統領選挙の取材に従事。著書に『The Obamas』がある。ミーガン・トゥーイーと共にハーヴェイ・ワインスタインについての調査報道で多くの賞を受賞し、ジャーナリズムの分野で最高の名誉とされるジョージ・ポルク賞や、「ニューヨーク・タイムズ」としてピュリッツァー賞公益部門を受賞している

トゥーイー,ミーガン[トゥーイー,ミーガン] [Twohey,Megan]
「ニューヨーク・タイムズ」紙の調査報道記者。女性や子供の問題に焦点をあて、ロイターニュース記者時代の2014年にピュリッツァー賞調査報道部門の最終候補者になる。ジョディ・カンターと共にハーヴェイ・ワインスタインについての調査報道で多くの賞を受賞し、ジャーナリズムの分野で最高の名誉とされるジョージ・ポルク賞や、「ニューヨーク・タイムズ」としてピュリッツァー賞公益部門を受賞している

古屋美登里[フルヤミドリ]
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

藤月はな(灯れ松明の火)

88
ME TOO運動の発端となったハーヴェイ・ワインスタインによる長年に渡る女性への性的犯罪が如何にして暴かれたかを綴る。冒頭でも注意されたように余りにも愚劣なハーヴェイ・ワインスタインの所業に怒りで震える。立場を悪用して否定すれば、逃げ果せた気になるなよ…!そして司法は寧ろ、被害を受けた女性に泣き寝入りをさせるような制度である事、大企業ほど、不愉快な事実を隠したがる傾向、女性への性的な嫌がらせを個人間の問題として見るなど、社会が助長している現状も浮き彫りに。次の世代が涙を流さない為に変えようとする人々に敬礼2020/12/10

とよぽん

60
「ニューヨーク・タイムズ紙」の調査報道記者、2人の女性が成し遂げた「闘い」に心から拍手を。そして、苦悶の末に声を上げて性的虐待・性暴力を告発した被害女性たちにも。ワインスタインに関連する記述が7割ぐらいで、ハラハラする展開だった。その後のフォードさんの件に、とても繊細な感情や迷いや懸念に丁寧に対応する記者の人間性が伝わってきた。被害者の人権や心情に寄り添う記者・・・ジャーナリストの根幹だと思う。それにしても、あのトランプっていう人の女性観があまりにもひどいのに驚いた。2020/11/19

パトラッシュ

55
#MeToo運動のきっかけとなったハリウッド大物プロデューサーによるセクハラ事件追及を描いた調査報道の内幕だが、内容よりもハーヴェイ・ワインスタインの人物像が興味深い。金も地位も名誉も手に入れながら女に暴力を振るい、その度に弁護士を雇い口止め料を払いながら懲りずに繰り返す。過去の成功体験から自分のやりたい放題にできると信じて疑わず、時代が許さないことを理解できなかった。『壊れる男たち』(岩波新書)に描かれた身勝手勘違いオヤジと同レベルであり、権力者だけになお悪質だ。もう一人の身勝手男トランプはどうなるか。2020/11/08

ヘラジカ

53
世界を揺るがした一大ムーブメント「#MeToo運動」その発端になったハーヴェイ・ワインスタインを告発する記事は如何にして書かれたか。この本は、その経緯や内幕、ジャーナリスト/証言者とワインスタインの間にあった烈しい攻防を纏めあげたものである。途方もない権力と財力を併せ持った巨悪たる存在に、地道に徐々に迫っていく様は、これこそジャーナリズムと言う他ない。しかし、この出来事の主体は間違いなく「声をあげた女性」たちなのである(邦題は不適切)。男権社会の一角を突き崩した歴史的イベントとして大変興味深かった。2020/08/04

たまきら

36
手にしたら止まらなかった…。長きにわたる超大物プロデユーサーの後ろ暗い「噂」を、NYタイムズのチームが渾身の取材で告発するまでを描いたノンフィクションです。原著タイトル「She Said」に、長い間沈黙せざるを得なかった女性たちの苦しみを感じました。また、この取材には多くの誠実な男性たちの証言も重要なカギを握っており、ぜひ多くの男性にも読んでもらいたい内容です。著名なフェミニスト弁護士が必要悪とばかりに切る「示談」というカードが、逆に多くの女性を苦しめ、告発の壁になることにも悲しみを覚えました。2021/04/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16148163

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。