学生を戦地へ送るには―田辺元「悪魔の京大講義」を読む

個数:
  • ポイントキャンペーン

学生を戦地へ送るには―田辺元「悪魔の京大講義」を読む

  • 佐藤 優【著】
  • 価格 ¥1,728(本体¥1,600)
  • 新潮社(2017/07発売)
  • クリスマス ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 32pt
  • ウェブストアに10冊在庫がございます。(2017年12月17日 23時10分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 368p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784104752133
  • NDC分類 121.6
  • Cコード C0095

内容説明

「悠久の大義のために死ねば、永遠に生きられる」。日米開戦前夜、京都帝国大学教授・田辺元の講義録『歴史的現実』は戦地へ赴く若者のバイブルとなった。戦後ずっと口を拭った田辺の矛盾と欺瞞を探り当て、“戦前回帰”の進む現代に警鐘を鳴らす佐藤優の合宿講座完全収録。

目次

1 金曜夜 歴史という制約
2 土曜朝 過去の必然性と未来の可能性
3 土曜午後1 国策映画『敵機空襲』を観る
4 土曜午後2 個人・種族・人類
5 土曜夕方 歴史的人間になれ
6 土曜夜 「死に於て生きる」
7 日曜朝 亜周辺の帝国で

著者紹介

佐藤優[サトウマサル]
1960(昭和35)年生れ。1985年、同志社大学大学院神学研究科修了の後、外務省入省。在英大使館、在露大使館などを経て、1995(平成7)年から外務本省国際情報局分析第一課に勤務。2002年5月に背任容疑で、同7月に偽計業務妨害容疑で逮捕。2005年2月執行猶予付き有罪判決を受けた。同年『国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて』で毎日出版文化賞特別賞を受賞した。主な著書に『自壊する帝国』(新潮ドキュメント賞、大宅壮一ノンフィクション賞受賞)、などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

日米開戦前夜、京大の哲学教授はいかにしてエリート学生を洗脳し、戦地へ送ったのか? 悪魔の講義の構造を解明する合宿講座全記録。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件