精神科医が読み解く名作の中の病

個数:
電子版価格 ¥1,123
  • 電書あり

精神科医が読み解く名作の中の病

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 【出荷予定日とご注意事項】
    ※上記を必ずご確認ください


    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 207p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784104701056
  • NDC分類 902.3

内容説明

あの主人公たちを仮想診断!思わず話したくなるウンチクが満載!文学と精神医学の「深い関係」とは?―。

目次

1 狂気への誘い(美しい狂気―村上春樹『ノルウェイの森』;自閉症とは何か―リアノー・フライシャー『レインマン』 ほか)
2 文学と狂気の狭間で(非定型精神病―高村薫『マークスの山』;アスペルガー症候群―スティーグ・ラーソン『ミレニアム』 ほか)
3 精神世界への彷徨(酔いどれの騎士―レイモンド・チャンドラー『長いお別れ』;躁状態―中島らも『水に似た感情』 ほか)
4 虚構の世界の住人たち(犯罪被害と離人症―角田光代『八日目の蝉』;サイコオンコロジー―アレクサンドル・ソルジェニーツィン『ガン病棟』 ほか)

著者紹介

岩波明[イワナミアキラ]
1959年、横浜市生れ。東京大学医学部医学科卒。医学博士。精神保健指定医。東京都立松沢病院を始め、多くの精神科で診療にあたる。東京大学医学部精神医学教室助教授、藍野大学設立準備室、埼玉医科大学精神医学教室准教授、昭和大学医学部精神医学講座准教授を経て、2012年より昭和大学医学部精神医学講座教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

えっ、『坊っちゃん』はうつ病だった? 登場人物の言動を追うと、そこには精神病理の世界が広がっていた。読書の楽しみが増す一冊。

えっ、「坊っちゃん」はうつ病だった!? 名作の数々を診断します! 小説を開くと、そこにはあなたの知らない精神病理の世界が――。サリンジャー、川端康成、夏目漱石、ヘミングウェイに村上春樹、古今東西63の作品を取り上げ、現役臨床医が登場人物を架空診断。最新治療法や、思わず人に話したくなる薀蓄も満載。文学と精神医学の「深い関係」を知れば、読書の楽しみも倍増間違いなし!

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件