• ポイントキャンペーン

心に狂いが生じるとき―精神科医の症例報告

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 249p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784104701032
  • NDC分類 493.7

内容説明

突然訪れたかに見える、精神の変調。そこには日常に潜む、誰もが見落とす「きっかけ」が―。人はどのようにして「心の病」に罹患するのか?狂気への淡い境界を越えるとき、身体には何ごとが起きるのか?「うつ」「アルコール依存」から「アスペルガー障害」「統合失調症」まで、重度へと陥った具体例を数多く提示、自分だけは大丈夫だと錯覚している人たちに警鐘を鳴らす。臨床経験豊富な現役医師が詳細に分析。

目次

第1章 依存の果て
第2章 架空の敵
第3章 罪なき殺人者
第4章 摂食障害というゲーム
第5章 無垢な逸脱
第6章 器質性精神病
第7章 精神鑑定の嘘
第8章 うつ病の不都合な真実
第9章 アナンカスト

著者紹介

岩波明[イワナミアキラ]
1959年、横浜市生れ。東京大学医学部医学科卒。医学博士。精神保健指定医。東京都立松沢病院を始め、多くの精神科で診療にあたる。東京大学医学部精神医学教室助教授、藍野大学設立準備室、埼玉医科大学精神医学教室准教授を経て、2008年より昭和大学病院精神科准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)