よく生きよく笑いよき死と出会う

個数:
  • ポイントキャンペーン

よく生きよく笑いよき死と出会う

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 235p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784104625017
  • NDC分類 114.2

内容説明

身近で大切な人を亡くした時、自らの死に直面した時、どうすればいい?「死生学」を教えて40年のデーケン先生が、自らの体験も交えやさしく話す、「死」を乗り越えるための大切なヒント。

目次

第1章 私の「生と死」の原点―戦時下での子供時代(家族から学んだこと;第二次世界大戦のさなかで)
第2章 「生と死」をめぐる様々な出会い―「書物」から「先達」から(書物との馥郁たる出会い;人間とのすばらしき出会い ほか)
第3章 より良く「死」と向き合うために―「死生学」とは?(その人らしく老いるために;「死」とは、いったいなんでしょう? ほか)
第4章 ユーモア感覚のすすめ―「死への恐れ」を乗り越えるヒント(ユーモアは生と死の妙薬;幸せのカギは、身近なところに)
終章 新たな門出に向かって(「死への準備教育」の普及を目指して三十年;「東京・生と死を考える会」の活動 ほか)

著者紹介

デーケン,アルフォンス[デーケン,アルフォンス][Deeken,Alfons]
1932年ドイツ生まれ、’59年来日。上智大学名誉教授。「東京・生と死を考える会」会長。’91年全米死生学財団賞、第39回菊池寛賞、’98年ドイツ功労十字勲章、’99年東京都文化賞などを受賞。2003年3月、上智大学定年退官