残夢の骸―満州国演義〈9〉

個数:
  • ポイントキャンペーン

残夢の骸―満州国演義〈9〉

  • 船戸 与一【著】
  • 価格 ¥2,376(本体¥2,200)
  • 新潮社(2015/02発売)
  • クリスマス ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 44pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月14日 00時05分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 472p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784104623105
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

多くの日本人が夢見た満州は理想の国家の欠片さえ失なって、重い重い鉄鎖でしかなくなった―「ポツダム宣言受諾」「ソ連侵攻」を描く最終巻。日本史上、最も激動した20年のすべて。著者入魂の7,500枚!四つの視点で描かれる満州クロニクル。

出版社内容情報

戦後70年の今、この男たちから目を逸らすな!敗戦してなお、己を貫こうとあがく敷島兄弟の行く末は――大人気シリーズ、堂々完結。

満州帝国が消えて70年――日本人が描いた“理想の国家”がよみがえる! 今こそ必読の満州全史。権力、金銭、そして理想。かつて満州には、男たちの欲望のすべてがあった――。事変の夜から十四年が経ち、ついに大日本帝国はポツダム宣言を受諾する。己の無力さに打ちのめされながらも、それぞれの道を貫こうとあがく敷島兄弟の行く末は……敗戦後の満州を描くシリーズ最終巻。中毒読者続出の人気大河ロマン、堂々完結。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件