私と踊って

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 240,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103971115
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

パーティ会場でぽつんとしていた私に不思議な目の少女が声をかける。「私と踊って」。彼女は私の手を引いて、駆け出した。稀代の舞踊家、ピナ・バウシュをモチーフにした珠玉の小篇。冴えわたる恩田ワールド、きらめく十九の万華鏡。

著者紹介

恩田陸[オンダリク]
1964年、宮城県生まれ。早稲田大学卒。1992年、日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となった『六番目の小夜子』でデビュー。ホラー、SF、ミステリなど、既存のジャンルにとらわれない独自の作品世界で多くのファンを魅了している。2005年に『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞と第2回本屋大賞を、2006年に『ユージニア』で第59回日本推理作家協会賞を、2007年に『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞をそれぞれ受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

ダンサーの幸福は踊れること。ダンサーの不幸は踊れなくなること――実在の舞踏家をモチーフにした表題作を含む全十九編の万華鏡。

この世の終わりに踊る時も、きっと私を見ていてね。ダンサーの幸福は、踊れること。ダンサーの不幸は、いつか踊れなくなること――稀代の舞踏家ピナ・バウシュをモチーフに、舞台を見る者と見られる者の抜き差しならない関係をロマンティックに描いた表題作をはじめ、ミステリからSF、ショートショート、ホラーまで、物語に愛された作家の脳内を映しだす全十九編の万華鏡。