赤まんま―慶次郎縁側日記

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 225p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103892120
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

隠居した元南町奉行所同心が、お江戸を舞台に大活躍。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ラスカル

13
慶次郎縁側日記シリーズ8作目。「嘘」嘘をついて男にとり入り生きてきたおはま。そうするしか生きるすべがなかった悲しさとたくましさ。最後に救いがあったようで良かった。「夏過ぎて」「一つ奥」も良かった。人の心の奥を描いて鋭い。2021/11/27

みかりん

6
よかった。このシリーズ8作目。なんか慶次郎の出番が少ない様な…。最後の最後に出てきて 話を聞いてまずまずの落とし所に導く慶次郎さん。やっぱり素敵。2018/08/01

ひろん

3
慶次郎縁側日記8。赤まんまってイヌタデのことだったのですね。2014/02/16

坊主丸儲け

2
アル中、DV、窃盗癖、虚言癖etc  時代小説で読むと少し深刻さが緩和される気が・・・2010/02/16

新地学@児童書病発動中

1
テレビドラマにもなった時代小説のシリーズ「慶次郎縁側日記」の第8作目。このあたりになる主人公の慶次郎は、物語の後景に引っ込んで、江戸の普通の人々の ひりひりするような生活がクローズアップで描かれている。誰もがささやかな幸せを求めている。そして誰もが一生懸命に生きている。それでも起きてしまうあやまちや犯罪。そこに巻き込まれた人たちを、包み込むように陰影豊かに描くところにこのシリーズの魅力があると思う。2011/10/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/449303

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。