再会―慶次郎縁側日記

  • ポイントキャンペーン

再会―慶次郎縁側日記

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 353p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784103892052
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

蝮の吉次と呼ばれる俺にだって、昔は恋女房がいた。そりゃあ逃げられたよ、逃げられたが、江戸一番のいい女だった。それが…。江戸の庶民の哀歓を描いて「うまい」と大向うをうならせた森口慶次郎シリーズ、待望の第二弾。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ひろん

10
慶次郎縁側日記2。辰吉の再会、慶次郎の再会、吉次の再会。それぞれ過去に縁の有った女性との再会について。「最良の日」富くじが当たれば神様にお許しいただけたと所帯を持とうというのが、哀しい。2014/01/12

Kira

5
図書館本。第二集。文庫版既読。慶次郎も養子の晃之助も問題をかかえた人々の相談に乗っては、親身になって解決の道をさがすというパターンが定着したようだ。それもいいのだが、シリーズの終盤に見られる、人々を静かに見守るというのも味わいがある。シリーズの最初のあたりと最後の方を読み比べると、違いが見えてきて面白い 体験をした。今回は特に、吉次が昔の女房おみつに再会する「再会三 恋する人達」が印象に残った。蝮と呼ばれて嫌われる吉次だが、淋しがりやな面を見せることもあるのだなと。 2020/02/26

みかりん

4
シリーズ第2段。今回はいろんな再開がありました。決してスッキリとしたオチがあるわけでは無いのですが、とっても良いですょ。2018/05/09

RAKUSI

4
慶次郎縁側日記シリーズ2作目。それからが気にかかる。読み手に任せる結末にモヤモヤ。このシリーズ、全て読了したいが時間を置いてゆっくり進む事になりそうです。 2017/10/09

mimm

2
図書館のリサイクルにて出会った一冊。江戸時代の人情噺…としてはたまに今と通じる話もあり、ドキリとすることも。通常ならあまり読まない時代モノですが、とても面白く、できれば前後のシリーズを購入してみようと思った次第です。2017/10/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/449299

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。