傷―慶次郎縁側日記

傷―慶次郎縁側日記

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 342p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103892045
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

最愛の一人娘・三千代を亡くしてから数年、隠居の身となった慶次郎。しかしお江戸の庶民は相変わらず。ささやかな幸せを願ってつましく暮らしつつも、ふらりと悪事に手を染めたり、ちょいと刃傷沙汰を起こしたり。そのたびに、この元腕利き同心は、決して重くはない腰をあげることとなる…。江戸っ子の心意気あふれる連作短編集。元南町奉行同心・森口慶次郎の周りには、なぜか日々、事が起こる…。めぐる四季に江戸の人情と粋がにおい立つ、慶次郎シリーズ第一弾。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

真理そら

58
再読。以前読んだ時と同じ引っかかりを感じながら読んだ。このシリーズは読みやすいのだがどうしても設定に違和感を感じる。すべての短編は片付かない感じで(余韻を残す形で)終わるのが特徴で、人は思いがけない躓きがあっても生きていかなくてはならない、それを分かっていても過去の傷は現在の自分に影響を及ぼすというような人生の哀歓を描くのがうまい作家だと思う。それなのに慶次郎の家族にはそういう雰囲気がない。娘の位牌の居場所がないから寮番をしているはずの慶次郎と養子夫婦の関係、養子夫婦間の関係が置き去りにされている気がする2020/04/02

みかりん

6
図書館本。宮部みゆきさん時代物が大好きな私は とっても面白く読みました。ついついお節介をして 事件を未然に防ぐ慶次郎。娘を亡くす話がとっても辛いですが あとはサクサク読めます。続編が沢山あったので どんどん読みます。2018/05/08

Kira

4
図書館本。第一集。文庫版既読。何度めかの再読だが、単行本で読んだのは初めて。読み返すたびに新しい発見がある。今回も、大根河岸の吉次は最初からやさしい男だったのだと気づいた。このシリーズは、ちょっと変わった捕物帳である。南町奉行所の元同心で隠居した森口慶次郎は、根岸で商家の寮番をしている。現役時代にとった異名「仏の慶次郎」は伝説になり、八丁堀との縁は切れず、慶次郎のもとに事件が舞い込んでくる。捕物出役もチャンバラもない代わりに、人情味あふれる裁きで罪人にさせないという慶次郎の思いが伝わってくる。 2020/02/20

RAKUSI

4
短編小説。再読のはずですが、はっきり覚えているのは最初の物語だけ、後は所々覚えているだけでした。嫁の皐月だけは、ドラマの女優さんのイメージ読んでいました。捕り物とは違う面白さ。このシリーズ、他の作品も読みます。そのうちに!2017/09/19

たーくん

4
隠居した元同心がかかわる、連作時代短編集。2010/07/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/449298

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。