野の花ホスピスだより

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 216p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103889038
  • NDC分類 490.15
  • Cコード C0095

内容説明

神さま、あなたの出番はまだです。患者さんの痛みは、私たちが努力して和らげますから―。大空へ旅立つ人の、見送る人の、言葉と涙と…。

目次

1 野の花の人々(空いた2号室;笑うって難しい;五年生の力 ほか)
2 野の花通信から(病む人とともに;湧いてくること;飽きない ほか)
3 野の花カルテ(生死の体操;ええけえ;助けてあげて ほか)

著者紹介

徳永進[トクナガススム]
1948年、鳥取県生まれ。京都大学医学部卒業。鳥取赤十字病院の内科医などを経て、2001年12月、鳥取市内にホスピスケアのある「野の花診療所」を開設(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

死が遠くではない患者さんの希望と選択を支えたい――そんな思いで開設した19床の野の花診療所。「わし、先生のこと大好き。ここで死なせてつかんせぇ」「楽になったら生きとうなって、まあ、人間っていい加減なもん」「最高だったよ、ありがと」。大空へ旅立つ人の、見送る人の、ことばと涙と微笑みを、鳥取からお届けします。