昭和天皇とワシントンを結んだ男―「パケナム日記」が語る日本占領

電子版価格 ¥1,382
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

昭和天皇とワシントンを結んだ男―「パケナム日記」が語る日本占領

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 315p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103732068
  • NDC分類 319.105

内容説明

昭和天皇の側近・松平康昌と米国中枢部の接点に位置し、GHQを介さないチャンネルの要にいた、一人の男。流暢な日本語、人懐こい風貌、そして情報を嗅ぎ分ける類い稀な嗅覚…。戦後歴代宰相の懐に食い込み、機密情報をワシントンに送り続けたC.パケナムとは―。虚実が錯綜する、その全貌を追う。新発見の日記を手がかりに、占領下の知られざる「点と線」に迫るノンフィクション。

目次

鳩山邸を訪ねる英国人
マッカーサーに嫌われた男
占領された日本へ再入国
「昭和天皇の側近」松平康昌
フリーメーソンへの誘い
「天皇の伝言」パケナム邸での夕食会
パケナム追跡―日本・英国編
鳩山一郎とダレスの秘密会談
マッカーサー解任と日本の独立
岸政権誕生のシナリオ〔ほか〕

著者紹介

青木冨貴子[アオキフキコ]
1948(昭和23)年、東京生まれ。フリージャーナリスト。84年に渡米し、「ニューズウィーク日本版」ニューヨーク支局長を3年間務める。87年、作家のピート・ハミル氏と結婚(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

皇居からの極秘メッセージはこうして伝えられた! GHQを介さない非公式ルートの要にいた謎の人物とは。新発見日記を手がかりに占領期の深層に迫る。